2017.11.10 16:43

長谷川豊氏が被害届提出へ 「家族を危険にさらしストレス与える行為」に“激怒”

長谷川豊氏が被害届提出へ 「家族を危険にさらしストレス与える行為」に“激怒”

長谷川豊氏

長谷川豊氏【拡大】

 元フジテレビのフリーアナウンサー、長谷川豊氏(42)が10日、「被害届を提出せざるを得なくなりました」と題したブログを投稿した。

 長谷川氏は10月の衆院選で、日本維新の会から千葉1区に出馬するも落選した。この日のブログで、「残念です。とても残念な思いですが、ご報告があります」と書き出すと「今回、選挙を行うにあたって様々な違法な嫌がらせと妨害行為を受けてきました」と告白。「誹謗中傷。レッテル貼り。無いこと無いことの拡散。メディアからの質問や取材に対応しているだけで選挙活動にどれだけの妨害になったか」と嘆きつつも「これらも勉強のうち、と懸命に対応」してきたという。

 しかし、支援者の一人から「長谷川さんの自宅住所を晒している輩がいる!」との指摘があったといい、この行為には「限界を超えていると言わざるを得ません」と“激怒”した。

 「私にも家族がいます。子供が3人います。私自身に対する誹謗や中傷は我慢できますが、家族を危険にさらしストレスを与える行為を許容することは断じてできません。この度、実際に住所を晒し、誹謗している犯罪行為の証拠を押さえ終え、先ほど、管轄の千葉西警察署に報告をし、被害届を提出したい旨を相談させていただいたこと、ご報告申し上げます」と卑劣な行為を糾弾した。

 最後は「このような対応をせざるを得なくなったことは痛恨の極みです」と無念さをにじませつつも、「ですが、子供たちの、家族の安全を守るための措置です。どうか皆様におきましても、ご理解を頂ければ幸いです」と結んだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 長谷川豊氏が被害届提出へ 「家族を危険にさらしストレス与える行為」に“激怒”