2017.11.10 15:31

Seaborn Networksがブラジルと米国の取引所データセンターを結ぶSeaSpeed ULLルートを実現

Seaborn Networksがブラジルと米国の取引所データセンターを結ぶSeaSpeed ULLルートを実現

Seaborn Networksがブラジルと米国の取引所データセンターを結ぶSeaSpeed ULLルートを実現

AsiaNet 70970 (1788)

【ボストン2017年11月10日PR Newswire=共同通信JBN】
*SeaSpeedがニュージャージー州1400 FederalからサンパウロB3に唯一の超低レイテンシールートを提供

海底光ファイバーケーブル・システムの大手開発・オーナー・運営企業であるSeaborn Networks(Seaborn)は10日、同社の契約顧客にSeabras-1でSeaSpeed Tier 1を提供できるようになったと発表した。SeaSpeed Tier 1はニュージャージー州カーテレットの1400 FederalとサンパウロのB3を結ぶ最低レイテンシールートで、取引所データセンター間の実測レイテンシーは105.05ms RTDである。これはケーブル陸揚げ局における中間的な脱落がない初めての取引所間を直接結ぶサービスである。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/600844/Seaborn_Networks_Logo.jpg

Seabornはさらに、契約顧客向けに、取引所間の実測レイテンシーが106.54ms RTDのSeaSpeed Tier 2(fka Carrier Class)レイテンシーサービスを1400 FederalからB3まで提供した。Seabras-1 Tier 2は金融取引企業がカーテレットとB3間の最新で最もダイレクトなルートを利用する上で低コストの方法である。SeaSpeed Tiers 1とTier 2は、米国とブラジルの取引所間で最も信頼性の高いコネクティビティーを実現する。

Seabornは顧客向けのSeabras-1の6ファイバーペアすべてを管理する。これを達成するのは、プライアグランジのケーブル陸揚げ局でのコントロールとSeabras-1の6ファイバーペアすべての共同所有者(同社顧客を代理するPartners Groupとの協力)と共に、Seabornの従業員が従事する同社独自の24X7ネットワーク運用センター(NOC)と障害復旧NOCである。Seabornの全システムの管理は、その関係者のSeaSpeedの使用、SeabornのWholesaleサービス経由、IRUの購入、ファイバーペアのリース、スペクトルあるいはリット容量といったことに関わらず適用される。

これにより、Seabornは下記のユニークな特性を持つSeaSpeedとWholesale製品を提供することが可能である:

*SeaSpeed Tier 1とTier2はSeabornの金融業顧客向け独占チャンネルパートナーであるSpread Networksを通してのみ利用できる。第3者への再販や交換は不可であり、両方とも業界をリードするレイテンシー・サービスレベル協定(SLA)を含む。
*Seabornの非金融系顧客(キャリアー、OTT、ISP、リセラーを含む)のすべては、Seabornが管理するSeabras-1のWholesaleサービスを利用できる。Seabornは、同社のWholesale製品はニュージャージー/ニューヨークとサンパウロ間で競合する海底ケーブルより低レイテンシーを提供すると信じており、米国とブラジルで幅広い選択のオンネットPOP地点を提供する。しかしWholesaleにはレイテンシーSLAとB3へのダイレクトパスの両方が含まれていない。
*Wholesale製品では、POP間の実測レイテンシーはSeabornが提供する多数のPOP地点によって異なるが、他の既存の米国・ブラジルのケーブルシステムでSeabornが管理するPOPよりも低いと信じている。一例としては、サンパウロのSP3とニュージャージーの800 セカーカス間のWholesaleサービスは107.76ms RTDのレイテンシーで利益を受けている。当社のWholesaleソリューションの局間レイテンシーもSeaSpeedの製品によって異なる。

SeabornのレイテンシーとSeaSpeed顧客へのサービスの質は比肩するものがない。

Seabras-1には5億2000万ドル以上が投資された。それは北米と南米の最大の取引所間に最速のパスを提供する目的で一から設計された初めての海底ケーブルプロジェクトである。

▽Seaborn Networksについて
Seabornは独立した海底光ファイバーケーブル・システムの大手開発・オーナー・運営企業で、そのシステムは現時点で全面的に運用可能の米国・ブラジル間Seabras-1、ブラジル・アルゼンチン間ARBR(2018年第4四半期予定)、ブラジル・南アフリカ間SABR(2019年予定)を含む。Seabornは米国、ブラジル、英国に事務所と週7日24時間運用のNOCを持つ。経営陣は世界最大の海底と地上ネットワークの多くの設計、構築、資金調達、運用の経験を持つ。www.seabornnetworks.com

▽メディア問い合わせ先
Kate Wilson
Seaborn Networks
Tel: +1 978 471 3169
kate.wilson@seabornnetworks.com

ソース: Seaborn Networks

今、あなたにオススメ
Recommended by