2017.11.10 08:02

SPQRの旗艦モデル「THE SPQR」に待望のクラシック文字盤が登場 手巻機械式パワーリザーブのclassico(クラシコ)に相応しい懐かしいデザインのバーインデックス 2017年11月販売開始

SPQRの旗艦モデル「THE SPQR」に待望のクラシック文字盤が登場 手巻機械式パワーリザーブのclassico(クラシコ)に相応しい懐かしいデザインのバーインデックス 2017年11月販売開始

THE SPQR classic

THE SPQR classic【拡大】

時計企画室コスタンテ(運営:有限会社コスタンテ、本社:長野県岡谷市、代表取締役:清水 新六)は、SPQR(スポール)の代表する旗艦モデルの「THE SPQR」クラシックデザインのバーインデックス文字盤を搭載した「THE SPQR classico」を2017年11月より販売しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/142211/LL_img_142211_1.jpg
THE SPQR classic

■SPQR(スポール)とは
ブランド名の由来は、卓越した精緻さと品質を約束します“Superiore Precisione Qualita Riservato”というイタリア語。上質な腕時計を送り出し続ける「SPQR」は、元伊勢丹の名物バイヤーとして知られる藤巻 幸大によるプロデュースで立ち上がったEコマースサイト「藤巻百貨店」の時計カテゴリーで初めて取り扱いされるなど、今や知る人ぞ知る存在となった国産時計ブランドです。
株式会社諏訪精工舎(現:セイコーエプソン)で幾多の商品企画に携わった清水 新六が2000年信州諏訪に「時計企画室コスタンテ」を設立しました。以来、あえて“時代に乗り遅れる”ことを意識し、流行に左右されることなく、年を経るごとに愛着の湧くデザインを追求。国内での小ロット生産にこだわり、隅々にまで情熱を注ぎ込む丁寧なものづくりを続けています。

■商品のこだわり
常に他社に先駆けた商品を開発し世に送り出しているウオッチの日本ブランド「SPQR」。SPQRの主要コンセプトは、ストーリー性(能書きの語れる)高級感(ときが経つ程に深まる価値と感動)限定感(時代に継承できる)です。
アクリルガラスでしか表現できなかったクラシックな趣と温かみを、硬いサファイアガラスをボックス型に削り出す難しい加工と職人の技で再現しました。文字盤はなだらかなカーブが懐かしいボンベ形状の盤面に浮き出しの立体形状のクラシカルなバーインデックスを搭載しました。
カラーも渋いレトロなシルバーとネイビーから選択いただけます。勿論アラビア文字盤(アイボリーとブラック)も継続中です。
便利な40時間のパワーリザーブ機能と秒針規制装置を持つ国産機械式手巻きムーブメントを搭載しています。
日本で唯一の馬具メーカー「SOMES」と共同開発したバーガンディ・バッファローバンド、クロコダイル・ネイビーとの相性も抜群です。

■商品詳細
商品名:THE SPQR classico 機械式時計
価格 :216,000円(税込)
発売日:2017年11月1日(水)
販売店:SPQR(スポール)ウォッチ公式ページ オンラインショップ
http://www.costante.co.jp
SPQR(スポール)公式サロン&オンラインショップ
http://tokeikobo.com

■商品仕様
ケース材質 :SS
防水性 :5気圧防水
風防 :ボックス型サファイアガラス+内面無反射コーティング
裏蓋 :SS
ケース外径 :Φ37mm
厚さ :11mm
文字盤 :ボンベ形状+バーインデックス
質量 :70g
手首周り :約17cm~約21cm
ムーブメント:国産手巻付自動巻機械式・40時間パワーリザーブ付
耐震機構 :ダイヤショック 22石
精度 :日差+25秒~-15秒 21,600振動/時
バンド :バッファロー・バーガンディ/クロコダイル・ネイビー
+三つ折れプッシュ式SSバックル
原産国 :日本

■会社概要
社名 : 有限会社コスタンテ
代表者: 代表取締役 清水 新六
所在地: 〒394-0086 長野県岡谷市長地源1-3-16-5
URL : http://www.costante.co.jp

  • ■■掲載えとき■■アラビア文字盤仕様
今、あなたにオススメ
Recommended by