2017.11.10 16:43

我が家・谷田部は“町工場芸人”「昔を思い出してワクワクしました」

我が家・谷田部は“町工場芸人”「昔を思い出してワクワクしました」

NHK「ドラマ10をさらに楽しめる!『マチ工場のオトコ』」に出演する、左から我が家の坪倉由幸、杉山裕之、谷田部俊=愛知県内

NHK「ドラマ10をさらに楽しめる!『マチ工場のオトコ』」に出演する、左から我が家の坪倉由幸、杉山裕之、谷田部俊=愛知県内【拡大】

 お笑いトリオ、我が家が10日放送のNHK「ドラマ10をさらに楽しめる!『マチ工場のオトコ』」(深夜1・55)に出演。20代のころ自動車整備工場で働いたメンバーの谷田部俊(39)を中心に、ものづくりが盛んな愛知県の町工場に潜入ロケを敢行した。

 同番組は主演女優、内山理名(36)が町工場の社長を熱演するNHK連続ドラマ「マチ工場のオンナ」(24日スタート、金曜後10・0)にちなんで制作。我が家は今回、元主婦の経験を生かして難題に立ち向かうドラマの主人公同様、創意工夫にあふれる社長や従業員らの悲喜こもごもを伝えるべく、従業員約30人のパイプ加工工場など6カ所を訪問した。

 現場で繊細な作業工程などを目の当たりにした“町工場芸人”の谷田部は、「昔を思い出してワクワクしました」と大感激。20歳から7、8年間、埼玉県内の自動車整備工場で働くも、社長が借金を残して失踪。そんな辛い経験をしながらも、「作業自体は好きでしたし、楽しくて仕方なかったですね」と振り返った。

 これに坪倉由幸(40)は「ノッてますね~。谷田部さんは」と感心し、杉山裕之(40)も「やっぱり自信があるんですよ。この分野は」と同調。我が家は今年トリオ結成15年目を迎え、コントなどでは抜群のコンビネーションで魅了するが、坪倉は「今回の谷田部さん、よくしゃべるなぁ~って。普段のバラエティーでもそれくらいしゃべってくれるとありがたい」と注文。これに谷田部は「お笑いより、こっち(町工場)のほうが向いているかも」と開き直って笑わせた。

 ロケでは最先端の技術や厳重な品質管理など“ものづくりの原点”を伝える一方、休憩中の従業員を笑わせるなど芸人としての本領も発揮。場を和ませながら社長らの“ホンネ”にも迫った谷田部は、「みなさんの充実している笑顔がすごい印象的でした」としみじみ語った。

 坪倉は「普段、何気なく乗っている車の部品でも、みんな(町工場)がこういう風に作ってくれるから便利で暮らせるのだと改めて実感できました。町工場は縁の下の力持ちというのがよく分かる番組です」とアピールし、杉山は「こっちは笑いで貢献しないとね」と本業での“恩返し”を約束した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 我が家・谷田部は“町工場芸人”「昔を思い出してワクワクしました」