2017.11.9 21:50

間宮祥太朗が初主演映画に充実感 劇中では上半身にタトゥーも

間宮祥太朗が初主演映画に充実感 劇中では上半身にタトゥーも

初主演映画「全員死刑」の先行試写会に出席した間宮祥太朗=東京・有楽町

初主演映画「全員死刑」の先行試写会に出席した間宮祥太朗=東京・有楽町【拡大】

 俳優、間宮祥太朗(24)が9日、東京都内で行われた初主演映画「全員死刑」(小林勇貴監督、18日公開)の特別先行試写会に出席した。福岡で実際に起きた殺人事件で、死刑判決を受けた男の手記をモチーフにした衝撃作。初主演作で、実在する殺人犯を演じることに戸惑いがあったというが、「小林監督にお会いして、その事件のこと以外にも、いろいろ話をした。この人となら、いい映画を作れるという信頼をもてた」とオファーを受諾した経緯を明かした。

 映画が好きで、この世界に飛び込んだとも告白し、「この映画が初主演でよかったと思う。自分でも感慨深い」と作品愛と充実感をにじませた。劇中では上半身にタトゥーを入れた姿も披露。「2時間半とか3時間弱、メークしました。タトゥー(のデザイン)にもいろいろな意味があるんだな」と話し、「題材が題材でショッキングな映像もあるけど、たくさんの人に(作品を)知ってもらいたい」と力を込めた。

  • 初主演映画「全員死刑」の先行試写会に出席した間宮祥太朗=東京・有楽町
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 間宮祥太朗が初主演映画に充実感 劇中では上半身にタトゥーも