2017.11.9 19:05

東芝、ラグビー部や野球部の運営見直し 「経費に見合う効果あるか」とCFO

東芝、ラグビー部や野球部の運営見直し 「経費に見合う効果あるか」とCFO

 経営再建中の東芝は9日、業績低迷が続くパソコンやテレビの事業について、撤退も視野に抜本的に見直す方針を表明した。2年連続の債務超過で上場廃止になる事態を回避するため本体の資本増強も検討中で、主要取引銀行と調整に入った。平田政善最高財務責任者(CFO)は東京都内で記者会見し「例外なく収益性を見極める」と強調した。

 放送開始から約48年にわたりCMを提供してきた国民的アニメ「サザエさん」のスポンサー降板や企業スポーツ活動の見直しも幅広く検討する。

 平田氏は広告活動のほか、ラグビーや野球などのチーム運営も「構造改革の一環として経費に見合う効果があるかどうか洗い出しの最中だ」と述べた。東芝の野球部は都市対抗野球大会で7度の優勝を誇り、ラグビー部も屈指の強豪として知られる。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 東芝、ラグビー部や野球部の運営見直し 「経費に見合う効果あるか」とCFO