2017.11.7 19:39

訪韓のトランプ氏、対北朝鮮で「必要なら比類なき軍事能力使う用意ある」と表明

訪韓のトランプ氏、対北朝鮮で「必要なら比類なき軍事能力使う用意ある」と表明

特集:
トランプ劇場

 韓国を初訪問したトランプ米大統領は7日、ソウルの青瓦台(大統領官邸)で文在寅大統領と会談した。共同記者会見でトランプ氏は、朝鮮半島周辺に米空母3隻と原子力潜水艦を派遣したと述べ、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の脅威から米国や同盟国を守るため「必要なら比類なき軍事能力を使う用意がある」と表明。文氏は北朝鮮が対話に応じるまで「最大限の制裁と圧力を加えるという既存の戦略を再確認した」と述べ、米国との結束を強調した。

 トランプ氏は米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉を通じて「自由で公正、互恵的な貿易で合意できると信じている」と強い期待を表明した。

 6日の日米首脳会談でトランプ氏は、北朝鮮への圧力強化で安倍晋三首相と合意している。韓国との間でも圧力強化を確認したが、文氏は北朝鮮の問題を「平和的に解決し、朝鮮半島の恒久的な平和体制を定着させる」方針で米韓が一致したとも語った。

 トランプ氏は、北朝鮮に対する「世界的な行動が必要」として、中国とロシアを含む国際社会に圧力強化を呼び掛ける一方、実際に武力を行使する必要がないことを願っていると語った。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 訪韓のトランプ氏、対北朝鮮で「必要なら比類なき軍事能力使う用意ある」と表明