2017.11.7 17:32

山尾志桜里氏、不倫疑惑弁護士を政策顧問に…「むき出しの好奇心には屈しない」

山尾志桜里氏、不倫疑惑弁護士を政策顧問に…「むき出しの好奇心には屈しない」

特集:
衆院選
選挙後初の登院で、議員バッチを受け取る山尾志桜里議員=1日、東京都千代田区(撮影・春名中)

選挙後初の登院で、議員バッチを受け取る山尾志桜里議員=1日、東京都千代田区(撮影・春名中)【拡大】

 倉持麟太郎弁護士(34)とのダブル不倫疑惑を週刊誌に報じられて民進党を離党、先の衆院選で愛知7区から無所属で出馬し、当選した山尾志桜里衆院議員(43)が倉持弁護士を山尾事務所の政策顧問に起用する方針を固めた。

 7日付の神奈川新聞のインタビューに明らかにしたもので、山尾氏は、「むき出しの好奇心には屈しない」などと答えている。

 山尾氏は民進党政調会長に就任した9月、倉持氏との不倫疑惑を週刊文春に報じられ、同党を離党。選挙では疑惑を否定していた。

 山尾氏は同新聞のインタビューで、倉持氏を政策顧問に起用する理由について「『共謀罪法』や天皇の皇位継承問題などで、これまで倉持氏とともに取り組んできた」と述べ、今回の衆院選の当選で待機児童問題と憲法問題に取り組むよう負託されたとして、政策立案の共同作業には継続性が必要だからだ、とした。

 また、「記者会見で『男女の関係はない』と否定したことすら、本来答える必要はなかった」と答えた。

 週刊文春の記者から、国会前で衆人環視の下、大きな声でしつこく不倫の有無を問われたことを振り返り、「私への問いはどのようにして社会の役に立つのか」と疑問を呈した。(産経新聞) 

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 山尾志桜里氏、不倫疑惑弁護士を政策顧問に…「むき出しの好奇心には屈しない」