2017.11.2 09:42

馬場ふみか、セクシーとかけ離れた落ち着いた衣装がお気に入りのカット/芸能ショナイ業務話

馬場ふみか、セクシーとかけ離れた落ち着いた衣装がお気に入りのカット/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
「2018カレンダーブック」の発売イベントを行った馬場ふみか=東京・新宿

「2018カレンダーブック」の発売イベントを行った馬場ふみか=東京・新宿【拡大】

 今年も残り2カ月を切った。この時期、多くなるのがカレンダーの発売イベント。もはや、秋の風物詩でもある。

 一口にカレンダーと言っても俳優・女優、タレント、歌手、モデル、グラドル、お笑い芸人などジャンルはさまざま。一会社員であるはずのアナウンサーも人気で、いまやカレンダー市場は群雄割拠となっている。

 記者もいくつかの発売イベントを取材したが、印象に残っているのがモデルで女優、馬場ふみか(22)の「2018カレンダーブック」(集英社、1728円)だ。

 「自分のやりたいこと、見せたいものを詰め込んだ」という同ブックでは水着や下着はもちろん、私服姿も含む全17パターンの衣装を披露。お気に入りのカットは、撮影した広島・尾道市の名物「尾道ラーメン」を食べている場面と明かし、セクシーとはかけ離れた落ち着いた衣装だった。

 これは意外だった。馬場がブレークしたきっかけの1つが昨年12月発売の写真集「色っぽょ」で、表紙の“髪ブラ”と華麗なくびれが世の男性の視線をくぎ付けにしたからだ。

 所属事務所は、「実は女性ファンから『もっとメークやファッションを紹介してほしい』という声を多くいただいています」と教えてくれた。同ブックはカレンダーの枠を超え、男性ファンも女性ファンも満足できる“プチ写真集”なのだ。

 もう1人、カレンダー市場に殴り込みをかけたのが、自身初のカレンダーを発売した放送プロデューサーでタレント、デーブ・スペクター。「今日もデーブ・スベッターカレンダー2018」(トライエックス、1960円)というタイトルから想像できる通り、デーブのダジャレが日めくりで楽しめる内容で、“日めくりカレンダーの帝王”として知られる元プロテニス選手でタレント、松岡修造(49)に対抗したものだという。

 ダジャレの数々は実にくだらない。くだらないのだが、どこかほっこりする。その効果は、東日本大震災後に自身の公式ツイッターに投稿したダジャレの数々に、「救われた」という声が殺到したことでも証明済みだ。悩みを抱えていたり、もんもんとした日々を過ごしている人の背中を押してくれるかもしれない。

 個性的なカレンダーが増えている中、今後もどのような新作が出るか注目したい。(レッツー)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 馬場ふみか、セクシーとかけ離れた落ち着いた衣装がお気に入りのカット/芸能ショナイ業務話