2017.10.30 15:45

りゅうちぇる2世はなぜ誕生した?ホリプロスカウトキャラバンで男性が頂点に/芸能ショナイ業務話

りゅうちぇる2世はなぜ誕生した?ホリプロスカウトキャラバンで男性が頂点に/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
グランプリを受賞し、撮影に応じる定岡遊歩さん=東京都港区(撮影・加藤圭祐)

グランプリを受賞し、撮影に応じる定岡遊歩さん=東京都港区(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 29日に行われた「ホリプロタレントスカウトキャラバン」の結果には正直、驚いた。中性的な雰囲気がぷんぷん漂う“りゅうちぇる”系の男性がグランプリに選ばれたからだ。

 頂点に輝いた定岡遊歩(ゆうほ)さんは、りゅうちぇると同じ沖縄県出身の21歳。紫色に染めた髪に女性のような甲高い声、パフォーマンス審査ではヒョウ柄のハーフパンツに網タイツ姿でピアノを披露するなど、ぶっ飛びぶりまでりゅうちぇるとそっくりだった。

 今回のスカウトキャラバンは、「多方面で活躍できるタレント候補を性別を問わずに募集する」と発表した段階から、男性が選ばれるのではという予感はあったが、ここまでキャラ立ちした男性が選ばれるとは思いもしなかった。

 ホリプロが誇る主演女優トリオの深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみをはじめ、クレーバーなコメントで人気の「こじるり」こと小島瑠璃子ら、キラ星の如く輝く女性タレントを輩出してきたスカウトキャラバンが、42年目にして180度舵を切った、ホリプロの戦略を勝手に考えてみた。

 ホリプロでは主演女優トリオを筆頭に若手では高畑充希、石橋杏奈らスター女優がそろう。バラエティー班の女性タレントも、こじるりをはじめ、あびる優、板野友美、春香クリスティーンら多種多様だ。

 男性俳優も最近ブレークした竹内涼真をはじめ、松山ケンイチ、藤原竜也、妻夫木聡、鈴木亮平とビッグネームが並ぶが、こと男性のバラエティータレントとなると、元Jリーガーの武田修宏ぐらいで、あとはさまぁ~ず、スピードワゴン、バナナマンらお笑い芸人になってしまう。

 他の事務所に目を転じても、お笑い芸人以外でバラエティーができるタレントはウエンツ瑛士、りゅうちぇるら数えるほどしかいない。ここ数年、りゅうちぇるがテレビで引っ張りだこなのにはそんな背景がある。隙間産業ではないが、ホリプロが“りゅうちぇる系”男子をグランプリに選んだのも、それが理由ではないかと考えている。

 定岡くんがTBS系「アッコにおまかせ!」に登場する日も近そうだが、まずは芸能界のご意見番であり事務所の大先輩、和田アキコの“口撃”にどう対応できるのか、注目したい。(CYP)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. りゅうちぇる2世はなぜ誕生した?ホリプロスカウトキャラバンで男性が頂点に/芸能ショナイ業務話