2017.10.29 10:39

重鎮・片岡鶴太郎に対抗心燃やす児嶋一哉 芸能界のヨガ通は爆笑取りに意気揚々!/芸能ショナイ業務話

重鎮・片岡鶴太郎に対抗心燃やす児嶋一哉 芸能界のヨガ通は爆笑取りに意気揚々!/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
お笑いコンビ、アンジャッシュの児嶋一哉

お笑いコンビ、アンジャッシュの児嶋一哉【拡大】

 インド発祥のヨガ。近年は女性だけでなく、男性にも広まりつつある。約8年前から、その魅力にゾッコンという芸能界のヨガ通が、お笑いコンビ、アンジャッシュのボケ担当、児嶋一哉(45)だ。26日夜、東京・銀座のヨガスタジオLAVA。仕事終わりのサラリーマンら一般参加者約20人の中に、児嶋の姿があった。

 メンズ向けの「男のスーツヨガイベント」にゲスト参加し、真剣なまなざし。インストラクターの指示に従い、呼吸法をまね、手足を動かし、汗を流した。

 ヨガとは自身が通うジムで出会ったという。ヨガコーナーがあり、ふとやってみたらハマった。児嶋は、相方の渡部建(45)が先にヨガをしていていたことを明かしつつ、「こっそりパクりました」と笑った。

 昨年、ヨガの普及に貢献した人に贈られる「Yoga People Award 2016」に選出された。「番組で、ヨガをやっていると8年前に初めて言ったときは、(共演者から)爆笑された。今は普通の時代になった。そういう意味ではさみしい。ウケなくなった…」と芸人らしく自虐的に話す。

 芸能界のヨガ好きといえば、インド政府公認の「プロフェッショナル ヨガ検定インストラクター」に合格したタレントで画家、片岡鶴太郎(62)が有名。児嶋は「今までヨガ好きをアピールしてきた。鶴太郎さんに負けないようにしたい」と重鎮に対抗心を燃やした。

 一般的に、ヨガは基礎代謝をあげる、アンチエイジング、腰痛などの効果があるとされる。児嶋は「脳が活性化するし、視力が上がる。見え方が違う」と目と脳のへの効果を力説。「体が硬いとか、恥ずかしいとか思う人がいると思うけど、挑戦してほしい」とアピールした。

 イベントを終え、スッキリした表情に加え、目力もアップした児嶋は、「脳がさえている。仕事前にやるのが一番いいです」。ヨガの伝道師は、爆笑取りに意気揚々、番組の収録へ向かっていった。(G・N)

  • 片岡鶴太郎
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 重鎮・片岡鶴太郎に対抗心燃やす児嶋一哉 芸能界のヨガ通は爆笑取りに意気揚々!/芸能ショナイ業務話