2017.10.21 10:33

候補者や政党の支持をはっきりと表明する米ミュージシャン/芸能ショナイ業務話

候補者や政党の支持をはっきりと表明する米ミュージシャン/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話

 22日に投開票を迎える衆院選。日本ではミュージシャンや俳優が支持政党や候補者を公の場で応援することは少ないが、海の向こう米国の選挙戦では、多くのアーティストが支持者を応援する光景は珍しくない。大統領選の場合だと全米規模。共和党と民主党という二大政党で政策がはっきりしているということもあり、応援や献金なども堂々としている。

 昨年11月の大統領選前夜、激戦州ノース・カロライナ州で行われたヒラリー・クリントン氏(69)の決起集会にはジョン・ボン・ジョヴィ(55)とレディー・ガガ(31)が参加し、スピーチのほか、歌まで披露するという熱の入れようだった。リベラルな立場を取る民主党は多くのアーティストから支持を受けている。

 一方、ドナルド・トランプ大統領(71)が大統領選で使用した音楽をめぐってザ・ローリング・ストーンズ、クイーン、エアロスミスら大物ロックバンドが使用停止を求めてひと悶着(もんちゃく)もあった。ほかにも大統領就任を祝うコンサートでは出演拒否が相次ぎ、出演アーティストにはネット上で非難が集まったほどだった。

 音楽は時代を映し出す。日本のアーティストが米国のように支持政党や候補者を応援してほしいとまでいわないが、有権者に一票を投じてくれることを呼びかけてほしい。(くらぼん)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 候補者や政党の支持をはっきりと表明する米ミュージシャン/芸能ショナイ業務話