2017.10.20 21:02

都教委、説明一転 米国人講師の6年前わいせつ容疑逮捕は把握も高校側に伝えず

都教委、説明一転 米国人講師の6年前わいせつ容疑逮捕は把握も高校側に伝えず

 女子高生にわいせつな行為をしたとして、東京都青少年健全育成条例違反容疑で警視庁に逮捕された都立高の外国語指導助手(ALT)ジェイソン・アリソン容疑者(44)=米国籍=について、別の都立高に勤務していた6年前にも同様の事件で神奈川県警に逮捕されていたことを、東京都教育委員会が把握していたことが20日、都教委への取材で分かった。

 都教委は今回の事件の発覚後、6年前の逮捕については把握していなかったとしていたが、当時の資料を調査して当初の説明を変更した。

 都教委によると、6年前の事件では神奈川県警に逮捕された事実は把握できたが、容疑までは分からなかった。アリソン容疑者も説明しなかったため、逮捕翌年の2012年4月から再び都立高のALTとして勤務を始める際、都教委から高校側には連絡しなかったとしている。

 アリソン容疑者は今年6月、東京・六本木で声を掛けた高校2年の女子生徒(16)が18歳未満と知りながら、自宅でわいせつな行為をした疑いが持たれている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 都教委、説明一転 米国人講師の6年前わいせつ容疑逮捕は把握も高校側に伝えず