2017.10.18 16:11

最上もが、女性芸能人との関係を告白「『好きです』って言った」

最上もが、女性芸能人との関係を告白「『好きです』って言った」

最上もが

最上もが【拡大】

 アイドルグループ、でんぱ組.incを脱退した最上もがが17日、TBS系『有田哲平の夢なら醒めないで』(火曜後23・56)に出演。自身の恋愛観などを明かし、ある女性芸能人に「『付き合ってください』はないけど『好きです』って言った」ことがあると語った。

 10歳の頃から女の子のほうが好きだったと語る最上は、実際に付き合いたいと思った相手は、ある女性芸能人だと明かした。その女性芸能人との関係について「僕のことを友達として見るというよりは、性的な対象として見てるって言われて嬉しかった」と語り、2人で酒を飲みながら押し倒されたこともあるとエピソードを披露。「『付き合ってください』はないけど『好きです』って言ったことはあって。でも、いま結婚したので。もういいやみたいな感じになりました」と、実らなかった思いを振り返った。

 その後も、恋愛観について深く聞かれた最上は「付き合うって正直、口約束みたいなところあるじゃないですか。書面を通してないから、いつからとかあんまりわからないというか、みんなすぐ嘘をつくし、どうせ裏切るだろうとか思いますし、傷つくくらいなら関わりたくない」と発言。ほかの出演者を「(男性不信の)根が深い…」と驚かせた。

 そのような考えに至った原因として、最上は仲の良かった父親から離婚経験があることを突然告白されたことを挙げ、「けっこうショックで。こんなに長年一途だと思ったけど、昔はそういうことがあったんだなって思うと、だったらもういいやっていうことがありました」と明かした。

 司会のお笑いコンビ、くりぃむしちゅーの有田哲平(46)は「わかる。うちもそうだったからね。親父はバツイチだったし、すぐ離婚したからね。結局、ぜんぶ自分に降り掛かってくるからね。25くらいからグレはじめた。女なんて信用できないとかなった」と共感し、「だから、結婚遅いと思うよ」と語った。

 最上は「結婚しないと思う。願望がないです。好きって何かわからないんですよ」と答えて、再び周りの出演者を驚かせていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 最上もが、女性芸能人との関係を告白「『好きです』って言った」