2017.10.13 05:02

東京2区「3極対決」譲れない 応援で“著名人合戦”/衆院選

東京2区「3極対決」譲れない 応援で“著名人合戦”/衆院選

 自民党、希望の党、立憲民主党の「3極対決」となっている東京2区。特に自民と希望が連日、応援で“著名人合戦”を繰り広げている。

 12日午前、希望代表の小池百合子東京都知事(65)の応援演説を受けた候補者の鳩山太郎氏(43)は「小さいときから父や母に連れられて毎日のように歩いていた」と“血統”を訴えた。

 太郎氏は自民党の故鳩山邦夫元法相の長男で、2区は鳩山家の地盤。弟の二郎氏(38)も自民党の前衆院議員(福岡6区で立候補)。なぜ希望からの立候補なのか。

 「父は二大政党制が必要と訴えていた。志を果たせなかったが、息子として必ず遂げる」と断言。邦夫氏と小池氏が盟友だったことも関係しているという。

 一方の自民。辻清人氏(38)応援のため、12日は丸川珠代前五輪相(46)が2日連続で選挙区内を回った。丸川氏は取材に「(2区は)都連としても重視している」と答えた。

 11日に自民は菅義偉官房長官(68)が、希望は細野豪志元環境相(46)が、入れ替わりでともに茗荷谷駅前でマイクを握った。自民は14日には野田聖子総務相(57)が入る予定。立民は松尾明弘氏(42)の応援で、公示日に枝野幸男代表(53)が足を運んでいる。

候補者一覧へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 東京2区「3極対決」譲れない 応援で“著名人合戦”/衆院選