2017.10.13 05:04(1/3ページ)

内田裕也、骨折してもロック魂は折れん「車いす生活楽しんでいる」

内田裕也、骨折してもロック魂は折れん「車いす生活楽しんでいる」

満身創痍でも京都国際映画祭に駆けつけた内田裕也(右)と崔洋一監督(京都市下京区、撮影・渡辺洋次)

満身創痍でも京都国際映画祭に駆けつけた内田裕也(右)と崔洋一監督(京都市下京区、撮影・渡辺洋次)【拡大】

 ロック歌手、内田裕也(77)が12日、京都・西本願寺で行われた「京都国際映画祭2017」(府内各地、15日まで)のオープニングセレモニーに出席し、夏前に転倒し右足甲を骨折、さらに肋骨(ろっこつ)も骨折していることを明かした。満身創痍の体だが、今年で4回目の同映画祭は皆勤賞。「車いす生活を楽しんでいるよ」とロックンロール魂で盛り上げてみせる。

【続きを読む】

  • 裕也は移動のときは車いすを使用していた
  • 関係者に支えられて歩く内田裕也。左は崔洋一監督
  • 「京都国際映画祭2017」のオープニングセレモニー前に囲み取材を行った内田裕也と崔洋一監督(左)
  • 京都国際映画祭が開幕し、西本願寺の唐門前で記念写真に納まる出演者や映画関係者ら=12日午後、京都市
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 内田裕也、骨折してもロック魂は折れん「車いす生活楽しんでいる」