2017.10.12 09:23

ブラジル五輪委会長が辞任 リオ招致買収疑惑で逮捕

ブラジル五輪委会長が辞任 リオ招致買収疑惑で逮捕

 昨年のリオデジャネイロ五輪を巡り、開催都市決定で投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収に関わった疑いで逮捕されたブラジル・オリンピック委員会会長のヌズマン容疑者が11日、同委員会に辞表を提出し、受理された。後任にはワンダレー副会長が就任した。地元メディアが報じた。

 ヌズマン容疑者は1995年以来会長を務めてきた同国スポーツ界の大物。辞表で「完全に潔白だが、弁護のために時間を費やす必要がある」と辞任理由を述べた。

 ブラジル司法当局によると、リオ開催が決まった2009年のIOC総会の投票前に、前リオデジャネイロ州知事(別の汚職事件で服役中)や企業家が共謀し、票を買う目的で当時のIOC有力委員の息子に200万ドル(約2億2500万円)を支払った。ヌズマン容疑者はこの買収交渉の仲介役を務めたとされる。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ブラジル五輪委会長が辞任 リオ招致買収疑惑で逮捕