2017.10.10 11:48

金正恩氏「斬首作戦」が流出か 韓国軍ハッキング被害

金正恩氏「斬首作戦」が流出か 韓国軍ハッキング被害

特集:
北朝鮮問題

 韓国国会の国防委員会に所属する与党「共に民主党」の李哲煕議員は10日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長ら指導部の暗殺作戦が盛り込まれたとされる米韓両軍の「作戦計画5015」など軍事機密資料計295件が、韓国軍内部ネットワークのハッキングにより流出したと明らかにした。

 ハッキングは昨年判明。北朝鮮の犯行と推定されている。暗殺作戦は「斬首作戦」と呼ばれ、李氏によると指導部の移動状況の把握や隠れ場所の封鎖、攻撃など段階別の具体的内容が流出した。

 韓国国防省報道官は10日の定例会見で「軍事上の保安に関する事項で、申し上げることはできない」と述べた。米韓の定例合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」に関する会議資料や、韓国の軍部隊や原発など重要施設の現況や防護計画に関する資料なども流出したという。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 金正恩氏「斬首作戦」が流出か 韓国軍ハッキング被害