2017.10.6 17:49

警視庁機動隊員、下着窃盗容疑で書類送検 家宅捜索で100点以上見つかる

警視庁機動隊員、下着窃盗容疑で書類送検 家宅捜索で100点以上見つかる

 警視庁は6日、自宅近くのアパートに侵入して女性の下着を盗んだとして、住居侵入と窃盗の疑いで第9機動隊の男性巡査長(29)を書類送検するとともに、懲戒免職処分とした。巡査長は「2014年夏ごろから20回ぐらいやった」と説明。自宅の家宅捜索で100点以上の下着が見つかり、同庁は裏付けを進めている。

 書類送検容疑は、8月26日午後11時半ごろ、東京都江戸川区のアパート1階の部屋に窓から侵入し、女性の下着を盗むなどした疑い。

 警視庁によると、巡査長は8月27日午前0時半ごろ、同じ部屋の窓を開けようとしているのを住人の男性に見つかり逃走。約150メートル先の路上で取り押さえられ、同庁小松川署が住居侵入未遂容疑で現行犯逮捕した。

 巡査長は、約1時間後に同じ場所に戻った理由について「どんな女性が住んでいるか見たかった」と話した。

 巡査長は8月29日に釈放され、警視庁は任意で捜査。15年12月に江戸川区の別のアパートで下着を盗んだ容疑と合わせ、6日に書類送検した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 警視庁機動隊員、下着窃盗容疑で書類送検 家宅捜索で100点以上見つかる