2017.10.5 17:59

亀井静香氏が政界引退表明「一緒にやっていく相棒いない。1人では何もできない」/衆院選

亀井静香氏が政界引退表明「一緒にやっていく相棒いない。1人では何もできない」/衆院選

特集:
衆院選
記者会見を終え、一礼する亀井静香氏=5日午後、広島県尾道市

記者会見を終え、一礼する亀井静香氏=5日午後、広島県尾道市【拡大】

 亀井静香元金融担当相(80)は5日、広島県尾道市で記者会見し、衆院選に立候補せず、政界を引退すると正式に表明した。「政治から身を引く。一緒にやっていく相棒がいない。1人では何もできない」と述べた。

 これまで衆院6区で亀井氏を応援してきた元職佐藤公治氏が今回、希望の党から立候補することも不出馬の一因に挙げ「大変お世話になったし、人物として大変評価している。争うことはできない」と語った。

 約40年間の議員生活について問われ「無我夢中でやってきたが、弱肉強食、大都会中心の世の中になってしまった」と振り返り、「私がこうしたいと思ったのとは違う。そういう意味では達成感はない」と真一文字に口を結んだ。

 同県庄原市の出身で、警察官僚を経て1979年に自民党から出馬し初当選。建設相や党政調会長を歴任した。2005年、郵政民営化関連法案に反対して離党届(その後除名)を提出し、国民新党を結成。対抗馬として送り込まれた元ライブドア社長堀江貴文氏と激戦を繰り広げた。

 14年の衆院選では無所属で出馬し、13回目の当選を果たした。

  • 記者会見で政界引退を表明する亀井静香氏=5日午後、広島県尾道市
  • 亀井静香元金融担当相
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 亀井静香氏が政界引退表明「一緒にやっていく相棒いない。1人では何もできない」/衆院選