2017.10.4 11:43

中谷美紀、性同一性障害の難役で徹底的なボディー改革/芸能ショナイ業務話

中谷美紀、性同一性障害の難役で徹底的なボディー改革/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
中谷美紀

中谷美紀【拡大】

 女優の中谷美紀が、21日スタートのWOWOW「連続ドラマW 東野圭吾 『片想い』」で、体は女だが心は男という性同一性障害の難役を演じて注目を集めている。

 完成披露試写会には黒いパンツスーツ姿で登場。男らしさを追求するために「2カ月ぐらい毎日、筋トレをしてフィレステーキを2、3枚を食べて卵2、3個とプロテインを飲んでいます」と徹底的なボディー改革に挑んでいることを明かすも、「なかなか難しい。男になりきれない感じです」と苦労を語った。

 実は炭水化物や甘いお菓子も大好き。タイトルにちなみ、「片想い」をしているものについて、「糖質および炭水化物。甘いもの、おうどんも白米も大好き。でも残念ながらいただけない体なので、白米の代わりにキヌア、おうどんの代わりにおソバをいただきます」と苦笑しながら語った。

 清楚な女性から悪役まで幅広い演技力を持つ正統派美人として知られるが、一方でユーモアがあって面白く、ストイックすぎる食生活は共演者も感嘆の声をあげる。

 過去にはベジタリアンになったり、6年間は肉を取らずに炭水化物過多の食生活を送っていた時期も。体調を崩したことから分子整合栄養医学という栄養療法を学んで食生活を見直したり、血糖値が乱高下しやすいと近年は砂糖を取らないなど、美容と健康のために徹底的に管理している。

 ただ、アラフォーになってもシャープな顔立ちやスリムなボディー、シミ一つない透明感あふれる肌は健在だ。しかも、苦労や疲れ、生活感などは全く感じられない。

 美容やダイエットというと一般的には短期間で集中して結果を出したいという思いが強いが、中谷の健康生活は少し違って続けるためのもので、生活の一部として取り入れており、風邪も引きにくく体調もいい状態が維持できているそうだ。

 タンパク質でも肉中心で炭水化物をとらない食生活は、白米大好きな記者としてはストレスがたまりそうだが、体に良くて健康的で少しでも美意識が持てるのであれば、糖質制限ダイエットを初めて見ても良いかもと妄想は膨らむばかり。まずは自宅にある白米を食べきってからと、長~いスパンで“美紀ボディー”を目指そうと決意したのでした。(ちゅん)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中谷美紀、性同一性障害の難役で徹底的なボディー改革/芸能ショナイ業務話