2017.10.2 11:36

Gカップ塩地美澄、大きな胸がコンプレックス グラビア初挑戦まで20年間水着を封印/芸能ショナイ業務話

Gカップ塩地美澄、大きな胸がコンプレックス グラビア初挑戦まで20年間水着を封印/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
塩地美澄、ツアー1日目の夜のトークショー

塩地美澄、ツアー1日目の夜のトークショー【拡大】

 9月30日、10月1日の1泊2日で「塩地美澄と行く石和温泉バスツアー」に同行してきました。Gカップ巨乳を武器にグラビアでも大活躍のフリーアナウンサー、塩地美澄さんにとって初のファンツアーイベントで、サンケイツアーズが主催。企画の段階から手伝ってきた私も、ひと肌脱ごうと宴会の1コーナー、トークイベントで出演してきました。

 そこで飛び出した発言で一番びっくりしたのは、胸が大きくなり始めたのが小学4年生だったこと。塩地さんは当時を「胸に青たん(腫れて、あざ)ができたと思い、親と一緒に病院へ行ったら、お医者さんに『おっぱいが成長しているから何の心配もないよ』と言われました」と、赤面しながら振り返りました。

 スポーツブラから始め、2年後には普通のブラジャーに替わり、中学ですでにEカップあったそうです。大きな胸がコンプレックスで、中学の水泳の授業でスクール水着を着てから32歳でグラビア初挑戦するまで約20年間水着を着たことがなく、ビキニ初体験もグラビア撮影時-。そんな会話をファンのみなさんの前で繰り広げました。みなさんとてもフレンドリーで、トーク中にチャチャやガヤが入るなど大いに盛り上がりました。

 また、今回のツアーで本当に感心したのは、塩地さんのファンに対する神対応でした。宴会では1人1人にお酌してまわり、バーベキュー大会では各テーブルで肉を1枚1枚焼いて1人1人のお皿に乗せてあげる大サービス。どんな質問にも笑顔で応え、参加者全員が笑顔に包まれました。

 ツアー初日は昼食後に塩地さんがバスガイドに変身。山梨・甲州市のシャトー勝沼でワイナリー見学をした後、みんなで試飲会を行い、笛吹市のホテル花京で宿泊。そこで、浴衣姿の塩地さんとファンとのツーショットチェキ撮影会&握手会を行いました。

 宴会ではトークショーの後、塩地さんにまつわるクイズ大会を実施。優勝者2人とカラオケでデュエット曲(松田聖子の『SWEET MEMORIES』と藤谷美和子・大内義昭の『愛が生まれた日』)を披露するなど、ファン垂涎(すいぜん)の企画がめじろ押しでした。

 2日目は午前中に甲州市のハーブ庭園旅日記でハーブの効能を体験し、午後から昼食も兼ねて笛吹市の御坂農園でブドウ狩り&バーベキューを楽しみました。ここで全行程を終え、全員で記念撮影をした後、塩地さんへの感謝の気持ちをつづった参加者全員からの寄せ書き色紙がプレゼントされました。

 車中で色紙を読んだ塩地さんは、解散式で「こんなにみなさんが私のことを思ってくれているなんて…」と声をつまらせ、涙で言葉になりませんでした。もらい泣きするファンの姿もあり、感動的なフィナーレとなりました。

 塩地さんは、私たちスタッフに「ファンとの距離が本当に近くなって、すごくよかった。絶対に第2弾ツアーをやりたいです。今度は韓国に行く、肉まみれ食べ放題ツアーがしたいな」と提案してくれました。1年以内に実現させるべく、私たちも頑張ります!!(CYP)

  • 塩地美澄
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. Gカップ塩地美澄、大きな胸がコンプレックス グラビア初挑戦まで20年間水着を封印/芸能ショナイ業務話