2017.9.29 11:52

山田涼介、10歳のときに20歳の自分へ宛てた手紙/芸能ショナイ業務話

山田涼介、10歳のときに20歳の自分へ宛てた手紙/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話

 タイムカプセルを作ったことはあるだろうか。今も頻繁に行われているのかは定かではないが、経験者は多いはず。Hey!Say!JUMPの山田涼介(24)もそのひとりだ。

 山田は先日、東京都内で行われた主演映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(廣木隆一監督)の初日舞台あいさつに出席。手紙が鍵となる物語のため、イベントでは手紙についての質問が飛んだ。

 山田は「ジャニーズに入った10歳のときにタイムカプセルを埋めていたみたいで、この前、母が掘り起こした。中には20歳の自分へ宛てた手紙が入ってました」と告白。手紙には「デビューして東京ドームでライブをしている」「家族に白い家を買っている」と2つの「夢」が書いてあったという。

 山田はHey!Say!JUMPのメンバーとして2007年11月に14歳でデビュー。その年の12月には東京ドームで公演を開催しており、「夢」を達成。グループのデビュー10周年の今年は、12月から初の3大ドームツアーも決まっている。

 山田は「ドームはかなったので、あとは白い家だなと。思っていた夢が1つ叶っていることがすごくうれしい」と感慨深げ。「東京ドームでライブ」が14歳でかなってしまうのは、さすがスター。俳優としても活躍する売れっ子だけに、もう1つの夢をかなえるのも、遠くなさそうだ。(GJ)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 山田涼介、10歳のときに20歳の自分へ宛てた手紙/芸能ショナイ業務話