2017.9.19 10:00(1/3ページ)

【関西レジェンド伝】世良公則(2)「あんたのバラード」は学生時代のツイスト

【関西レジェンド伝】

世良公則(2)「あんたのバラード」は学生時代のツイスト

特集:
関西レジェンド伝
マイクスタンドを振り回し、足を大きく広げて熱唱する世良公則の姿に、若者はあこがれた

マイクスタンドを振り回し、足を大きく広げて熱唱する世良公則の姿に、若者はあこがれた【拡大】

 「あんたのバラード」を作ったのは大阪芸大4年のとき。バンドでセッションするための曲だった。泥臭いヘビーな詩だけど、僕にとってはあれがリアルな言葉。広島の生まれだけど、大阪に来てからは吉本新喜劇も見ていたしね。ブルースには大阪弁が似合う。「君」や「あなた」じゃない。「あんた」がしっくりくるんだ。

 僕たちの世代は日本語でロックをやるのに抵抗はなかった。その頃、浜田省吾さんの愛奴や、矢沢永吉さんのキャロル、憂歌団、外道、ジョー山中さん…すごい日本語ロックのミュージシャンがいるのに、ヒットチャートを上がってこない。大阪の言葉の歌を全国区にしたいという思いはありましたね。

 バンドでよく集まっていたのが近鉄奈良線の瓢箪山駅(東大阪市)近くにあった楽器店で、奥がスタジオになっていた。そこの店員さんがヤマハのポプコン(ポピュラーミュージックコンテスト)に僕たちの演奏を録ったテープを送ってたんだ。「テープ審査、通ったよ」って言われて初めて知った。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】世良公則(2)「あんたのバラード」は学生時代のツイスト