2017.9.17 05:00

李明博政権期も俳優ら弾圧 当時の国情院院長指示

李明博政権期も俳優ら弾圧 当時の国情院院長指示

 韓国の情報機関、国家情報院は16日までに、李明博政権時代に国情院が当時の院長、元世勲被告(公選法違反罪などで公判中)の指示で、政権に批判的な俳優や映画監督計82人の「ブラックリスト」を作成し、出演できないようテレビ局に圧力をかけるなどの工作を行っていたことを内部調査で確認したと公表した。

 李政権の後の朴槿恵前政権が約9400人分の同様のリストを作成していたことが発覚したが、批判者への弾圧はさらに前の政権から始まっていたことになる。

 李政権のリストに挙げられたのはトップ女優のムン・ソリや「冬のソナタ」に出演したクォン・ヘヒョ、映画「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督ら。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 李明博政権期も俳優ら弾圧 当時の国情院院長指示