2017.9.16 16:57

回転式拳銃2丁を発見、暴力団関係者射殺事件で使用か 神戸

回転式拳銃2丁を発見、暴力団関係者射殺事件で使用か 神戸

付近で拳銃の入ったかばんが見つかった神戸市営バスの停留所=神戸市

付近で拳銃の入ったかばんが見つかった神戸市営バスの停留所=神戸市【拡大】

 16日午前6時10分ごろ、神戸市北区山田町東下の歩道脇で「小さなかばんに拳銃が2丁入っている」と110番があった。兵庫県警が調べた結果、2丁は回転式の拳銃であることが判明。同市長田区で12日に発生した暴力団関係者射殺事件で使われた可能性があるとみて捜査。放置された経緯や銃の詳しい鑑定を急ぐ。

 事件では、指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠山口組」の関係者の楠本勇浩さん(44)が拳銃で頭部を撃たれ死亡。神戸山口組傘下組織の関係者が関与した疑いがあり、同組と見つかった拳銃との関連も調べる。

 県警によると、かばんは、神戸市営バスの停留所近くにあった。見つけたのは通行人で、連絡を受けた知人が110番した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 回転式拳銃2丁を発見、暴力団関係者射殺事件で使用か 神戸