2017.9.15 11:36

「こち亀」無断改変しSNS投稿…水戸芸術館が謝罪「今後は著作権の権利保護に留意」

「こち亀」無断改変しSNS投稿…水戸芸術館が謝罪「今後は著作権の権利保護に留意」

 水戸芸術館(水戸市)の職員が、人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)を無断で同館を宣伝する内容に改変して公式ツイッターに投稿し、著作権法違反の可能性があるとの指摘で削除していたことが15日、同館への取材で分かった。

 同館によると、職員が「こち亀」の絵に同館を象徴するタワーの写真を合成し、ライトアップの様子を紹介する内容を11日に投稿。外部からメールで指摘を受け、出版元の集英社と相談して13日に削除し、14日に今後は著作権の権利保護に十分留意するとの内容の謝罪文を投稿した。

 「こち亀」は、秋本治さんの人気作。水戸芸術館は1990年開館の複合文化施設で、指揮者の小澤征爾さんが館長を務めている。

 集英社は「著作者の権利を守るため、適切に対応している。個別の事案にはコメントできない」としている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「こち亀」無断改変しSNS投稿…水戸芸術館が謝罪「今後は著作権の権利保護に留意」