2017.9.14 19:25

熊本城天守閣、21年度から内部見学可能の見通し

熊本城天守閣、21年度から内部見学可能の見通し

 熊本市は14日、昨年4月の熊本地震で被災し、「復興のシンボル」として復旧を進める熊本城天守閣の内部見学が2021年度に可能になるとの見通しを明らかにした。城内に入って外観を見学できるのは、大天守(6階建て)が元の姿に戻る19年度を想定している。

 市はこの日、復旧工事のスケジュール案と、それに基づき段階的に広げていく公開範囲を示した。天守閣の外観・内部見学は、工事との兼ね合いや安全性の確保を踏まえ、日・祝日に限定される見通し。

 14日に開かれた有識者らの「復旧基本計画策定委員会」では、委員から「天守閣のオープンが(今から4年後の)21年では遅い」との声も上がった。大天守は最上部の解体が既に終わり、8月から再建が進んでいる。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 熊本城天守閣、21年度から内部見学可能の見通し