2017.9.14 14:10

ドバイからスマートシティ専門家が集結 ドバイ公共部門(エネルギー、経済、医療、教育)27名が来日

ドバイからスマートシティ専門家が集結 ドバイ公共部門(エネルギー、経済、医療、教育)27名が来日

2017年9月14日

マインズアットワークス株式会社

ご取材案内状
ドバイからスマートシティのエキスパートが集結
ドバイ公共部門(エネルギー、経済、医療、教育)27名が一堂に来日
ドバイの石油に依存しない国策”スマートシティ”の現状を学ぶ
“東京-ドバイ-中東2020~2030スマートシティカンファレンス”
2017年9月26日(火) at リッツカールトン東京 午前9:00~

マインズアットワークス株式会社(所在地:東京都千代田区平河町 代表取締役社長:Dr. 世戸佐亜渡)は、2017年9月26日(火)ドバイより27名の公共部門関係者をお迎えし、”東京-ドバイ-中東2020~2030スマートシティカンファレンス”を開催いたします。
このカンファレンスの開催目的は、”世界一スマートな都市”を目指す東京とドバイのスマートシティを牽引する利害関係者を結び、”スマート”な両都市の関係性を強固なものにしていくことです。
日本では、ドバイ=石油というイメージがありますが、実はドバイの石油資源はわずかであり、すでに枯渇したとも言われています。そのためドバイは、石油に依存した経済から脱却する国策”Dubai Plan 2021”を掲げ、その一つの解決策として”スマートシティ”建設を推し進めているのです。
カンファレンスでは、両都市の政策で何がうまくいったのか、世界一スマートな都市になるだけではなく、”世界一幸せな都市”になるという目標を達成するために直面しているチャレンジは何かを探っていきます。
普段お会いすることができない、ドバイからのお客様と、ドバイスマートシティの現状やビジネス機会を議論する絶好の機会となります。当日は日本のスマートな環境技術、IoT、IT、ロボティクス、ヘルスケアサービスなどをお持ちの中小大企業様、大学関係者様など総勢約300名の聴衆者を見込んでおります。万障お繰り合わせの上、ご臨席賜りたく宜しくお願い申し上げます。

開催概要
1. 日時:  平成29年9月26日(火) 午前 09:00~17:00 (午前8:00より受付開始)
*報道関係者様も午前8時より随時受付いたします
2.会場:  ザ・リッツ・カールトン東京 グランドボールルーム(2F)  港区赤坂9-7-1東京ミッドタウン
*プレス受付をご用意しています
3.参加費: ウェブサイトをご確認ください
4.内容: (予定)
・日本-ドバイ/中東スマートシティにおけるイノベーション
・日本-ドバイ/中東スマートシティにおけるスマートインフラストラクシャー
・日本-ドバイ/中東スマートシティにおけるスマートな社会教育
・日本-ドバイ/中東におけるスマートシティ
・グローバル拠点としてのスマートシティに向けて
・日本-ドバイ/中東スマートシティにおける幸福、女性の健康、高齢者介護
5.参加登録: 東京スマートシティカンファレンスwebサイト、Emailにて受付しております
https://www.middleeast.tokyo
6.言語: 英語(日本語セッションもございます)

なお、この件についての詳細、お問い合わせにつきましては、下記までお願い致します。

マインズアットワークス株式会社
CEO代理 Takako Okabe
電話:03-6403-3313 / 090-7157-2622
住所:千代田区平河町1-3-6
Email: takako.okabe@mindsatworks.com
東京スマートシティカンファレンス:   https://www.middleeast.tokyo

今、あなたにオススメ
Recommended by