2017.9.14 11:22

高齢者のうっかり転倒・骨折は、寝たきり・認知症の始まり?!『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』

高齢者のうっかり転倒・骨折は、寝たきり・認知症の始まり?!『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』

『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』(翔泳社)

『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』(翔泳社)【拡大】

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、書籍『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』を2017年9月14日(木)に刊行しました。
本書では、安定した歩行をするための「正しい歩き方」、安全な歩行に欠かせない筋力維持のトレーニング、正しい杖の使い方などを、イラストとともにわかりやすく紹介します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137149/img_137149_1.jpg

■ 転びやすい歩き方、杖の使い方、していませんか?
筋力・運動機能の低下、病気やケガの後遺症などの影響で、高齢になると、何もない場所でつまずいたり、バランスを崩すことが増えます。高齢者の骨折は歩行能力の回復まで時間がかかり、場合によっては「寝たきり」や「認知症」につながってしまうことも。
また、近年、杖を利用する高齢者が増えていますが、自分の状態に合った杖や正しい使い方を知らずに、危険な杖歩行をしている人が少なくありません。
高齢者とその家族が知っておくべき、転びにくい体づくりと歩き方、正しい杖の使い方を、イラストとともに紹介しています。転倒リスクを減らし、100歳になっても自分の足で歩く--自分のために、家族のために、知っておきたい知識がいっぱいです!

■目次
巻頭:こんなこと、ありませんか?
1章:こんなに怖い!高齢者の転倒
2章:なぜ、転びやすくなるのか
3章:歩き方をチェックしてみよう
4章:転ばない体をつくるトレーニング
5章:杖を使って安全・快適に歩こう
6章:転倒リスクを減らすために周囲の人ができること

◆こんな場合は要注意◆
・何もない場所でよくつまずく
・歩くときに、お尻が左右に揺れる
・階段を昇るのがしんどい、降りるのが怖い
・杖を使っているのに疲れる、不安定
・膝・腰が痛い
・視力が悪くなった

________________________
■書籍概要
『100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方』
著者:西野英行
発売日:2017年9月14日
ISBN:978-4-7981-5360-5
定価:1,200円(税別)
判型:B5変・112ページ
________________________

今、あなたにオススメ
Recommended by