2017.9.14 15:14

西村京太郎氏の“アウト”ぶりは? ひふみんは紅白出場を狙う?

西村京太郎氏の“アウト”ぶりは? ひふみんは紅白出場を狙う?

矢部浩之(後方右)とマツコ・デラックスは、恐縮しながら西村京太郎氏(手前)を迎えた(C)フジテレビ

矢部浩之(後方右)とマツコ・デラックスは、恐縮しながら西村京太郎氏(手前)を迎えた(C)フジテレビ【拡大】

 21日午後10時から放送の「アウト×デラックス スペシャル」(フジテレビ系)に作家の西村京太郎氏が初出演することが14日、分かった。

 スタジオに現れた西村氏は、矢部浩之とマツコ・デラックスから「本当にありがたいです。こんなおかしい番組に出ていただいて」と丁重に迎えられると、「どうしてありがたいの? 今87歳。40歳までに死なない奴はダメだと思っていたのに、倍も生きちゃった。邪魔だと思うけど」と西村氏。その迫力に瞬時にしてアウト軍団のメンバーは圧倒される。

 さらに、「(小説の中で)人を殺しにくくなった。嫌な世の中になった」と吐露。マツコの殺し方に話題が及ぶと、「なかなか隠すのが難しい。だったら橋の上で…」など楽しそうにアイデアを連発した。その後も3人はミステリーのあらすじで盛り上がる。

 スタジオには西村夫人も立ち会い、時には若かりし頃の風俗の話なども飛び出したが、夫人は終始笑顔。そんな姿にマツコは「すてきな奥さま!」と感激しきりだった。

 また、将棋の世界を引退後、ますますパワーアップする加藤一二三の「ひふみんの人生でやりたい5つのことをかなえるバスツアー」も展開。第一の「歌を出したい」という夢に、番組では世界的ヒットメーカーであるプロデューサーに楽曲提供を依頼。打ち合わせ場所に現れた人物は、あのピコ太郎を生み出した古坂大魔王だった。

 「紅白出場を狙いましょう!」。古坂の大胆発言のあと、さて、4回も作り直したという曲の仕上がりは? 次に、ひふみんは「雑誌のモデルになりたい」という夢を語り始める。そこでも協力してくれる雑誌が存在した。

 ゲストのもう一組は「ゲスの極み乙女。」。ボーカル、川谷絵音のあの騒動以来、初めてのバラエティー番組。“アウト”中のアウトトークを披露する。

  • 歌手・加藤一二三(手前)、プロデューサー・古坂大魔王という異色コンビが誕生(C)フジテレビ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 西村京太郎氏の“アウト”ぶりは? ひふみんは紅白出場を狙う?