2017.9.14 04:01

柳家小三治、3週間ぶり高座復帰!「粗忽長屋」を張りのある声で披露

柳家小三治、3週間ぶり高座復帰!「粗忽長屋」を張りのある声で披露

柳家小三治

柳家小三治【拡大】

 8月21日に頸椎手術を受けた人間国宝で落語家、柳家小三治(77)が13日、岐阜・多治見市の落語会で約3週間ぶりに高座復帰した。

 関係者によると、小三治は「戻って参りました」とあいさつ。観客850人から大きな拍手と「待ってました!!」の掛け声が上がったという。その後、小三治は約35分に及ぶ古典「粗忽長屋(そこつながや)」を張りのある声で披露し、観客を引き込んだ。

 小三治は、8月19日に長野・佐久市で行われた落語会を終え、入院。退院後はリハビリに努めていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 柳家小三治、3週間ぶり高座復帰!「粗忽長屋」を張りのある声で披露