2017.9.13 14:17

鈴木砂羽演出、舞台降板した女優の所属事務所が改めて経緯を説明

鈴木砂羽演出、舞台降板した女優の所属事務所が改めて経緯を説明

女優の鈴木砂羽

女優の鈴木砂羽【拡大】

 女優、鈴木砂羽(44)が初演出を手掛ける主演舞台「結婚の条件」(東京・新宿シアターモリエール)に出演予定だった女優、鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が13日の開幕を前に降板した件で、鳳と牧野の所属事務所が同日、同事務所のフェイスブックで改めて降板までの経緯を説明した。

 同事務所によると「弊社が2日前に急に降板を申し出たような誤報が御座いますが、正確には問題となっております9月9日の後、その夜には同劇団の江頭美智留主宰よりのご依頼によりまして今まで通りの出演継続をお受けしており」と、降板を申し入れたことに関しては誤報だと説明。劇団側からは出演継続の依頼も来ていたという。

 続けて「その後に江頭美智留氏の許可を得ずに代役を探していた鈴木砂羽氏に対して、江頭氏より『皆さんが揃わない形での公演は本意ではなく、公演中止をするつもりです。』とのお話を受けてご報告をお待ちしておりました」と江頭氏からの連絡待ちだったことも明かした。

 しかし10日に「『やはり中止に出来ないので戻って欲しい』とのご要望を受け再度承諾をさせて頂ました」と2女優の出演を承諾していたという。

 11日には鈴木の所属事務所からも謝罪の意向が示されていたというが、江頭氏から鈴木の事務所が同日夜に謝罪しないことを告げられたという。合わせて「皆さんが揃わないと公演はしません。ご出演頂けますか」と依頼を受け、改めて出演承諾をしたというが、12日に「代役での公演をしなければならなくなりました」と連絡があり、二転三転した結果、最終結論に至ったという。

 今回の降板騒動で、鳳はブログにて、稽古中に鈴木から罵声を浴び、舞台の主宰者、江頭氏とともに土下座させられたなどと主張したが、江頭氏は報道各社に12日にファクスを送り否定。すでに代役が決まり、公演は予定通り行う。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 鈴木砂羽演出、舞台降板した女優の所属事務所が改めて経緯を説明