2017.9.12 22:29

蛇口から下水処理水、「水が臭い」と通報 ご飯を炊いた住民も 東京・足立区

蛇口から下水処理水、「水が臭い」と通報 ご飯を炊いた住民も 東京・足立区

 東京都は12日、足立区内で下水処理水が上水道管に流れ込み、付近の住宅で蛇口から臭いと濁りのある水が出る事故があったと発表した。都下水道局の施設で違法な設備改修がされていたのが原因で、最大で27世帯に影響があった。

 この水を飲んだり、ご飯を炊いたりした住民もいたが、都は「塩素消毒した水なので、安全性は問題ない」と説明。住民に謝罪した。

 10日午後、足立区中川5丁目の住民から「水が臭い」と通報があり、都はこの家の水道水に臭いと濁りがあるのを確認。

 調査の結果、近くにある「中川水再生センター」内の土改良プラントで2012年、都が施設運営を委託している会社が、改修時、下水処理水の配管が敷設されていたトイレに上水道の配管も接続する工事をしていたことが判明。下水処理水のバルブは普段閉めていたが、今月10日午前の清掃で開けて放置したため、上水道の配管に逆流した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 蛇口から下水処理水、「水が臭い」と通報 ご飯を炊いた住民も 東京・足立区