2017.9.12 22:18

「レッドブル」開発した財閥創始者の孫が国際手配 タイのひき逃げ事件で

「レッドブル」開発した財閥創始者の孫が国際手配 タイのひき逃げ事件で

 国際刑事警察機構(ICPO)は12日までに、タイの捜査当局の要請を受け、「レッドブル」として知られる清涼飲料を開発した有力財閥創始者の孫、ボラユット・ユーウィッタヤー容疑者(35)に「国際逮捕手配書」(赤手配書)を発行した。

 ボラユット容疑者は2012年、高級車で警察官をはねて死亡させ、逃走した疑いが持たれている。検察側が捜査に応じるよう何度も要求していたが応じず、捜査当局が逮捕状を取って行方を追っていた。

 ICPOはこれまでに、容疑者の所在などの情報を求める「青手配」を実施していたが、11日に加盟各国に身柄拘束の協力を求める「赤手配」とした。ボラユット容疑者のパスポートはすでに無効になっている。

 ひき逃げ容疑は今月初めで時効となり、残るは危険運転の容疑で、有罪になれば最高で禁錮10年となる。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「レッドブル」開発した財閥創始者の孫が国際手配 タイのひき逃げ事件で