2017.9.12 04:00

石原さとみ×「逃げ恥」脚本家でオリジナル!30代初連ドラで解剖医に

石原さとみ×「逃げ恥」脚本家でオリジナル!30代初連ドラで解剖医に

特集:
石原さとみ
白衣をまとう石原さとみ。「当たり前を穏やかに演じられたら」とナチュラルな芝居で魅せる

白衣をまとう石原さとみ。「当たり前を穏やかに演じられたら」とナチュラルな芝居で魅せる【拡大】

 女優、石原さとみ(30)が来年1月期のTBS系「アンナチュラル」(金曜後10・0)に主演し、昨年大ヒットした同局系「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家、野木亜紀子さんと初タッグを組むことが11日、分かった。

 オリジナル脚本で、死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした1話完結型医療ミステリー。石原は合理的な性格で淡々と働く法医解剖医・三澄ミコト役を演じる。

 30代初の連ドラで、恋愛作品や個性的なキャラクターが多かった石原は「若いだけで通用する作品は楽しませていただいたので、今は違う部分をインプットしたい」と演技力がより問われる“普通の役”で新境地を開く。

 共演の井浦新(42)、窪田正孝(29)、市川実日子(39)、松重豊(54)と会話劇を繰り広げる石原は「逃げ恥要素がゼロですみません」と笑い、「脚本のセリフや流れが面白いので、セリフが視聴者に届くように演じたい」と意気込んだ。

  • 共演の井浦新
  • 共演の窪田正孝
  • 共演の市川実日子
  • 共演の松重豊
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 石原さとみ×「逃げ恥」脚本家でオリジナル!30代初連ドラで解剖医に