2017.9.3 11:43

藤井四段が森内九段破る NHK杯、異例の生放送/将棋

藤井四段が森内九段破る NHK杯、異例の生放送/将棋

特集:
藤井聡太四段
森内俊之九段(左)を破り、対局を振り返る藤井聡太四段=東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)

森内俊之九段(左)を破り、対局を振り返る藤井聡太四段=東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)【拡大】

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は3日、東京都内で指されたNHK杯トーナメント2回戦で永世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)を破った。公式戦の通算成績は39勝5敗。

 森内九段はこれまでに名人8期など、タイトルを通算12期獲得したトップ棋士。社会現象にもなった中学生プロが、あらためて実力を示した。

 NHK杯は通常、対局を事前に収録して放送しているが、今回は関心の高さを考慮して異例の生放送となった。

 次回は7日、新人王戦でベスト4入りを懸け、佐々木大地四段(22)と対戦する。

藤井聡太四段の話「積極的に攻めていく方針がよかったと思う。永世名人の資格を持つ森内九段と対戦できて、うれしかった。生放送で開始前は少し緊張があったが、始まれば集中できた」

森内俊之九段の話「藤井四段は落ち着いていて、自然な指し手を積み重ねられた。こちらが予想していない手も指され、感心した。2回戦で生放送となり、注目の高さを感じた」

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 藤井四段が森内九段破る NHK杯、異例の生放送/将棋