2017.9.3 11:30

【365日グラドル日記(98)】バランスの取れた極上ボディーを持つ博多美人の山口千尋

【365日グラドル日記(98)】

バランスの取れた極上ボディーを持つ博多美人の山口千尋

特集:
365日グラドル日記
グラビア通信
今年デビューしたばかりの山口千尋。あどけない表情も魅力的だ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)

今年デビューしたばかりの山口千尋。あどけない表情も魅力的だ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 山口千尋(22、ミレニアムダンスコンプレックス所属) ★生年月日 1995年2月22日 ★出身 福岡県 ★デビュー 2017年 ★スリーサイズ 1メートル64、B80(Cカップ)W61H84

 今年、福岡から上京したばかりの博多美人、山口千尋。自身をSと語る22歳の“女王様”は、バランスの取れた極上ボディーで男性ファンを自分色に染め上げる。

 --芸能界デビューのきっかけは

 「地元のファッションショーに高校時代に出たことがきっかけで、モデルの仕事は楽しいなと思っていて、事務所のオーディションを受けて合格しました」

 --グラビアの魅力は

 「個人の魅力を全て出すことができるところ。例えば、胸がなかったとしても、お尻やウエストでいろんな方々に癒やしを与えることができるので」

 --セールスポイントは

 「目と足です。目力が強いとよく言われるのと、足はあざやけがの跡がなくて、ストッキングを履いていないのに『ストッキングを履いてるの?』とよく聞かれます」

 --趣味、特技や最近ハマっていることは

 「趣味はカフェ巡りです。コーヒーが好きで、チェーン店じゃないところにポッと入って、その店のブレンドコーヒーを飲むことが好きです。特技は書道で、5歳から18歳までずっと習っていて、八段を持ってます」

 --好きな男性のタイプは

 「恋愛にウブな人です。多分、私はSMでいうとSなので、自分の色に(恋人を)染めたいタイプなんです!」

 -将来の夢は

 「ローラさんのようなファッション性を持って、影響力のある人になることです。そして、みんなを笑顔にさせることのできる人になりたい」

 「ミスFlash2018」では惜しくも最終選考に進めなかったが、目力と美脚の二刀流で“てっぺん”をつかむ日を夢見ている。

  • 今年デビューしたばかりの山口千尋。あどけない表情も魅力的だ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)
  • 今年デビューしたばかりの山口千尋。あどけない表情も魅力的だ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【365日グラドル日記(98)】バランスの取れた極上ボディーを持つ博多美人の山口千尋