2017.9.1 11:30

【365日グラドル日記(96)】ダンスで鍛えたボディーラインが悩ましい福永ありさ

【365日グラドル日記(96)】

ダンスで鍛えたボディーラインが悩ましい福永ありさ

特集:
365日グラドル日記
グラビア通信
ダンサーとグラビアの“二刀流”で勝負する福永ありさ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)

ダンサーとグラビアの“二刀流”で勝負する福永ありさ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)【拡大】

 福永ありさ(25、ミレニアムダンスコンプレックス所属)★生年月日 1992年8月21日 ★出身 神奈川県 ★デビュー年 2007年 ★スリーサイズ 1メートル64、B83(Bカップ)W58H86

 ダンサーとして活動する傍ら、今夏からグラビアにも挑戦している福永ありさ。ダンスで鍛え上げた引き締まったボディーラインは圧巻だ。

 --芸能界デビューのきっかけは

 「小学1年のころからダンスをやっていて、本格的にやっていくうちに、将来はいろんなステージに立って輝ける人になりたいという気持ちが強くなり、芸能活動を始めました」

 --グラビアの魅力は

 「しなやかさだったり、かわいさだったり、女性にしかないかっこよさを体で表現できるところです」

 --セールスポイントは

 「私はダンサーとしてアーティストのバックダンサーをしたり、海外留学に行ったり、また、アイドルとしても活動してきました。たくさんの場数を経験している方だと思うので、度胸はあると思います!!」

 --DVD撮影秘話やファンとのエピソードなどを教えて

 「水着ではなく、私服を着ているときなんですが、普段からよくやってしまうのはズボンのチャックの閉め忘れですね(笑)。ファンの方に、『チャック開いているよ』といわれたときは笑うしかありません」

 --趣味、特技や最近ハマっていることは

 「趣味は、ディズニープリンスのラプンツェルグッズを集めること。いつもラプンツェルになりたいっていう気持ちで集めています(笑)。ハマっていることは、おいしいご飯屋さん探しです」

 --好きな男性のタイプは

 「芯があって、包容力がある方。ときには一緒にふざけたりしてくれるといいですね」

 --将来の夢は

 「いろんなジャンルに対応できて、マルチに活動できる人になりたいです!!」

 9月16~18日に東京・港区のNEW PIER HALLで行われる「DANCE REPUBLIC~The devotion~」に出演。TRFのSAM、ETSU、CHIHARUが演出を手掛けるセリフのないダンスのみの舞台で、「ダンスに圧倒されに来てください!!」とアピールしている。

  • ダンサーとグラビアの“二刀流”で勝負する福永ありさ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)
  • ダンサーとグラビアの“二刀流”で勝負する福永ありさ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)
  • ダンサーとグラビアの“二刀流”で勝負する福永ありさ=東京・文京区(撮影・早坂洋祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【365日グラドル日記(96)】ダンスで鍛えたボディーラインが悩ましい福永ありさ