2017.9.1 11:00(1/5ページ)

玉山鉄二と佐々木希、野島伸司作の最新作で“かつてない夫婦の純愛”描く

玉山鉄二と佐々木希、野島伸司作の最新作で“かつてない夫婦の純愛”描く

特集:
TOKYO HEADLINE
佐々木希
佐々木希(撮影・仲西マティアス)

佐々木希(撮影・仲西マティアス)【拡大】

 センセーショナルなストーリーに、誰もが心揺さぶられるエモーションを織り込む稀代の脚本家・野島伸司が「セックス依存症」を題材に“本当に描きたいドラマ”を描いた! 『雨が降ると君は優しい』(Hulu、9月16日配信スタート)に登場するのは、性嗜好障害を抱える妻と彼女への愛と葛藤に悶える夫。彼らの愛はどんな結末を迎えるのか。玉山鉄二と佐々木希が、かつてない夫婦の純愛に挑む!

野島さんの脚本は例えるなら幅の広い道。

どこを歩いてもゴールにたどり着く表現の幅がある(玉山鉄二)

演じることに迷いは無かった。

脚本が本当に面白くて、

純粋に彩がが愛おしかった(佐々木希)

 一途に愛する妻が“セックス依存症”(=性嗜好障害)だと知り、計り知れない苦悩を背負う主人公・立木信夫を演じた玉山鉄二。夫を心から愛しながらも障害により不特定多数の男に抱かれる妻・彩を演じた佐々木希。これほどチャレンジングな役に2人はなぜ挑んだのか。

玉山「僕は、野島さんの作品に出演させていただくのは今回で2度目になるのですが、僕にお声がけいただいた時点で3話まで台本が上がってきていて、それをまず読ませていただきました。僕の最初の印象では、恋愛において日本の文化的な価値観を持った男性には、なかなか理解しづらい部分が多いのではないかと思いました。特に僕自身も家庭を持っていますし、余計に理解しがたい気持ちになったんだと思うんですが、信夫の人物像を含め見えない部分が多かったので、野島さんと食事しながら話を伺う機会を頂いたんです。僕はもう野島さんの言葉の一言一句を聞き漏らすまいとアンテナを張っていて、目の前の料理を結局一口も食べずに店を出てしまったんです。このドラマが成功したら、あのお店にもう一度連れて行ってくださいとお願いしましたけど(笑)。実際、クランクインして信夫を体感し、初めて見えてきたものがたくさんありました。自分の中で考えた意図やイメージではなく、僕自身が信夫でいることにいかに集中するか。現場で“彩”の顔を見て思ったこと感じたことを出していこうというマインドになってからはすごく楽というか、つかみながら演じている感覚を持てています」

【続きを読む】

  • 玉山鉄二(右)と佐々木希(撮影・仲西マティアス)
  • 玉山鉄二(撮影・仲西マティアス)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 玉山鉄二と佐々木希、野島伸司作の最新作で“かつてない夫婦の純愛”描く