2017.8.31 05:03(2/3ページ)

女と男・和田ちゃん「寛平マラソン」ウエディングドレス姿で走る!

女と男・和田ちゃん「寛平マラソン」ウエディングドレス姿で走る!

フォトセッションでポーズをとる(左から)女と男・和田美枝(和田ちゃん)、市川義一(市川くん)=大阪市内(撮影・岩川晋也)

フォトセッションでポーズをとる(左から)女と男・和田美枝(和田ちゃん)、市川義一(市川くん)=大阪市内(撮影・岩川晋也)【拡大】

 “吉本の木村カエラ”と“井上小公造”が、6度目の寛平マラソン参戦で、初めて別々の企画に挑む。

 「毎年参加させていただいてます。5回とも和田ちゃんと勝負して私が全敗…」と市川くん。これまでフルマラソン3回と10キロ2回で競ってきた。「知らないと思うけど(負けて)2年前に丸刈りにしております」と市川くんがボヤけば、和田ちゃんは「全然盛り上がらなかったですね」と苦笑い。第3回大会でフルマラソン4時間32分40秒をマークしている健脚だけに、勝って当たり前のコンビ対決よりも、人生を賭けた大勝負をブチ上げた。

 「参加していただいた方は、もれなく私と結婚できる」と、婚活マラソンを熱望したのだ。突拍子もない宣言にびっくりの会見司会の石田靖(51)から真意を問われ、「…さびしい」とつぶやいた。

 「いま、結婚しとうてしゃあないねんもんな」と寛平。和田ちゃんは「フェイスブックを見るたび、周りが結婚して子どもが大きくなってる。悲しくて、スクロールが速くなりました」と切なすぎるクセも明かした。

 よしもとだけでも、6月に新喜劇の福田多希子(33)が土肥ポン太(46)と、7月には横澤夏子(27)が一般男性と結婚している。マラソンは速くても、これ以上、婚期を遅らせるわけにはいかない。

【続きを読む】

  • 婚活ランに挑む和田ちゃん(前列左)とランニング教室を開きたい市川くん(同右)。石田靖(後列左)と間寛平(同右)も驚いた(大阪市中央区、撮影・岩川晋也)
  • 会見で意気込みを語る女と男・和田美枝(和田ちゃん)=大阪市内(撮影・岩川晋也)
  • 会見で意気込みを語る女と男・和田美枝(和田ちゃん)=大阪市内(撮影・岩川晋也)
  • 会見で意気込みを語る(左から)女と男・和田美枝(和田ちゃん)と市川義一(市川くん)=大阪市内(撮影・岩川晋也)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 女と男・和田ちゃん「寛平マラソン」ウエディングドレス姿で走る!