2017.8.29 11:54

ブルゾンちえみが15分ほどの“時短メーク”で90キロ完走 記者泣かせの演出も楽しめた/芸能ショナイ業務話

ブルゾンちえみが15分ほどの“時短メーク”で90キロ完走 記者泣かせの演出も楽しめた/芸能ショナイ業務話

27日、24時間テレビ40「愛は地球を救う」のチャリティーマラソンの完走したブルゾンちえみ

27日、24時間テレビ40「愛は地球を救う」のチャリティーマラソンの完走したブルゾンちえみ【拡大】

 日本テレビ系「24時間テレビ」でチャリティーマラソンランナーに指名されたお笑いタレント、ブルゾンちえみ(27)が当日発表の衝撃をものともせず、90キロを見事に完走。当日発表という形式はプレスルームにいた記者たちもざわついた。

 女優、佐々木希(29)が日本武道館に現れたときは、夫のアンジャッシュの渡部建(44)を「わっくん、行ってらっしゃい」とでも言ってマラソンに送り出すのではないかと思った。同局系「過保護のカホコ」に出演する俳優、竹内涼真(24)は、女優、高畑充希(25)とプレスルームを訪問。「走るんですか?」と記者たちが尋ねると、「半年前から練習してました」と笑っていた。

 発表時間が迫る。「ブルゾンさんがいいですよ。35キロ!」とくだらない雑談をしてやりすごしていたが、本当にブルゾンだったときは「いい人選」と心の中でガッツポーズ。学生時代は長距離選手だったことなどのエピソード、個性的なメークは最後まで持つのか、「何キロ走ったと思ってるの? 90キロ!」と勝手に完走後のコメントを妄想しながら、パソコンのキーボードをたたいた。

 放送開始から2時間も発表を引っ張り、原稿の締め切り時間がある記者泣かせの演出にかなり気をもんだが、結局、目の前で起こるサプライズに手のひらで転がされ、気がつけば楽しんでいた。

 話題になっている崩れないメークは完走後の本人談にもあったが、普段通りだったそう。以前、ブルゾンに取材したところ、あのメークは15分ほどで済ませていると聞いた。長時間激走しても崩れない“時短メーク”ができるスゴ技の持ち主。効率的な仕事ぶりはさすが、キャリアウーマンだ。(R)

  • 27日、24時間テレビ40「愛は地球を救う」のチャリティーマラソンの完走したブルゾンちえみ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ブルゾンちえみが15分ほどの“時短メーク”で90キロ完走 記者泣かせの演出も楽しめた/芸能ショナイ業務話