2017.8.21 11:30(1/2ページ)

【365日グラドル日記(85)】スタイル抜群の美形グラドル、上岡楓

【365日グラドル日記(85)】

スタイル抜群の美形グラドル、上岡楓

特集:
365日グラドル日記
グラビア通信
腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)

腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)【拡大】

 上岡楓(20、ヴィズミック所属) ★生年月日 1997年7月18日 ★出身 三重県 ★デビュー 2016年 ★スリーサイズ 1メートル63、B86(Fカップ)W59H86

 抜群のプロポーションを武器に、メキメキと力をつけている上岡楓。先月20歳になり、大人の仲間入りを果たした美形グラドルは「21歳になるまでに表紙を飾りたい」と意気込んでいる。

 --芸能界デビューのきっかけは

 「子供のころから芸能界に憧れていて、美容やモデルのことを勉強する高校に通うために上京しました。在学中に受けたオーディションで『グラビアをやってみない?』と、今の事務所にスカウトされました」

 --どんな高校だった

 「美容&芸能学校ですね。モデルさんが実際に来て授業をしてくれる感じで、普通の勉強は週2回やっていました」

 --グラビアの魅力は

 「スカウトされたときはグラビアをやることに戸惑いました。ファッションが好きだったから、それを脱いで仕事をするわけですよね。でも、やってみて、そのとき、そのときの自分を残してもらえるところは幸せだと思います」

 --セールスポイントは

 「腰を反るポーズをとったときに出るS字ラインです!! ボールを投げてもらえば、乗っかると思います(笑)。器械体操を4年間、それとダンスもやっていたので、体が柔らかいんです」

 --20歳になってどう

 「この前、母と一緒にお酒を飲みました。うちの家族はめっちゃ酒飲みだから(笑)。私も先輩に飲みに連れて行ってもらいたいなと思います」

 --ハマっていることは

 「半身浴ですね。最近も新しい入浴剤を購入しました。汗をかくことが好きなので、1時間半くらい入っています」

【続きを読む】

  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
  • 腰を反ったときに出る“S字ライン”で魅了する上岡楓=東京・大手町(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【365日グラドル日記(85)】スタイル抜群の美形グラドル、上岡楓