2017.8.18 11:31

世界最大の、乗り捨て自由な自転車シェアリング会社ofoが米国に進出

世界最大の、乗り捨て自由な自転車シェアリング会社ofoが米国に進出

世界最大の、乗り捨て自由な自転車シェアリング会社ofoが米国に進出

AsiaNet 69683 (1227)

【シアトル2017年8月17日PR Newswire=共同通信JBN】
*ofoは乗り捨て自由な自転車シェアリングプラットフォームをシアトルで実装

世界の乗り捨て自由な大手自転車シェアリング企業、ofoは17日、シアトルをその最初の公式都市として北米に進出したと発表した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/545669/ofo_Logo.jpg

株式時価総額20億ドル超の世界的な自転車シェアリング企業、ofoは、ライダーに便利で柔軟な自転車シェアリングモデルを提供し、ユーザーはドッキングステーションの限界を脱することができる。ofoの電話アプリケーションとスマートロック技術により、ライダーは地元の法律に準拠してどこででも自転車を借りて停めることができる。

ofoは7カ国の170以上の都市で800万台以上の自転車をコネクトして、毎日2500万件超の取引をしている。同社は2014年に創設され、世界中の1億人超のユーザーに30億件以上の乗車を提供している。

ofoのダイ・ウェイ創設者兼最高経営責任者(CEO)は「乗り捨て自由な自転車シェアリングは世界中の都市におけるシェアリング経済と交通手段の選択肢を変えたofoの先駆的なコンセプトだった。この種の輸送ソリューションは世界中で必要とされている。われわれの使命は都市部での「ラストマイル」輸送問題を解決することであり、われわれはofoの便利で手頃で低酸素な旅行方法にとり、米国が巨大な可能性を秘めているとみている」と述べた。

ofoは7月にモバイル決済プラットフォームのAydenとの世界的なパートナーシップを発表し、顧客が世界中どこでもofoが営業する場所で自転車利用料金を支払うための支払い認証セットの利用を認めた。ユーザーはofoアプリをダウンロードし、QRコードをスキャンして自転車のロックを解除することができる。ユーザーは旅行が終われば1時間までの利用につき1ドルが課金される。ofoが運営する他のすべての都市と同じように、ofoは自転車の駐車と修理を支援する地元の現場保守管理スタッフを配置する。

ofoはシアトル運輸局の許可を受け、テストケースの一環として8月に市内の街路に1000台の自転車を持ち込む。9月以後には自転車台数を増やしてシアトル市全域に拡大する方針。

ofo U.S.のグレース・リン副社長は「われわれはofoがシアトル住民の生活の価値ある一部となることを保証するために、市当局と緊密に協力して取り組んでいく。世界の大手自転車シェアリング会社として、われわれはシアトルでのサービスの開始を楽しみにしており、米国での活動範囲拡大を継続したいと期待している」と述べた。

ofoは今年7月、アリババ、Hony CapitalおよびITIC Private Equityを主幹事とする一連のEファンディングで7億ドルの資金を集めた。

▽ofoについて
2014年に創設されたofoは世界最初で最大の乗り捨て自由な自転車シェアリングプラットフォームである。ofoは自転車シェアリングのため創設され、すべての人が自転車を利用できるようにすることで世界のあらゆる場所を解き放つことを目的としている。今日、ofoは7カ国の170以上の都市で800万台超の自転車をコネクトし、毎日2500万件以上の取引を生み出し、世界の1億人以上のユーザーに30億件の使いやすく経済的で便利なグリーン・ライドを提供してきた。

ofoは持続可能な開発目標(http://www.un.org/sustainabledevelopment/sustainable-development-goals/ )のサポートで、国連開発計画(http://www.undp.org/content/undp/en/home/presscenter/pressreleases/2017/04/25/undp-chinese-bike-sharing-start-up-ofo-join-forces-to-support-innovative-solutions-to-climate-change-challenges.html )とパートナーシップを組んでいる。そして、Rihanna's Clara Lionel Foundation(http://mysocialgoodnews.com/clara-lionel-foundation-ofo-jointly-fund-global-scholarship-program/ )とも新たなパートナーシップを結び、マラウィの女子学生のために自転車と奨学金を提供している。より詳細な情報は、www.ofo.com(http://www.ofo.com/ )を参照。

▽メディア問い合わせ先
U.S. Contact:
Hannah Buzicky
Mobile: +1 (212) 819-4879
Email: media@ofo.com

Global Headquarters:
Angela Cai
Mobile: +86 138 1063 8166
Email: caimuyuan@ofo.com

Hilary Shi
Mobile: +86 136 9336 7685
Email: shiyingchang@ofo.com

ソース:ofo

今、あなたにオススメ
Recommended by