2017.8.12 05:10

柳亭市馬、三遊亭圓丈が奉納した新作に目細める「圓朝師匠も喜んでる」

柳亭市馬、三遊亭圓丈が奉納した新作に目細める「圓朝師匠も喜んでる」

幕末から明治期にかけて人気を博した三遊亭圓朝の法要「圓朝忌」に参列した柳亭市馬=東京・谷中

幕末から明治期にかけて人気を博した三遊亭圓朝の法要「圓朝忌」に参列した柳亭市馬=東京・谷中【拡大】

 幕末から明治期に人気を博した三遊亭圓朝の法要「圓朝忌」が11日、東京・谷中の全生庵で行われ、落語協会の会長を務める落語家、柳亭市馬(55)が同協会会員ら約200人と出席した。

 三遊亭圓丈(72)が新作「前座チャンネル」を奉納すると「仲間うちであんなに笑ったのは初めて。圓朝師匠も喜んでるでしょう」と目を細めた。

  • 幕末から明治期にかけて人気を博した三遊亭圓朝の法要「圓朝忌」に参列した左から林家正蔵、柳亭市馬=東京・谷中
  • 幕末から明治期にかけて人気を博した三遊亭圓朝の法要「圓朝忌」に参列した落語協会会員=東京・谷中
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 柳亭市馬、三遊亭圓丈が奉納した新作に目細める「圓朝師匠も喜んでる」