2017.7.31 05:04(2/3ページ)

瑛太×生田斗真、演技派共鳴!互いに認め合う二人が映画でW主演

瑛太×生田斗真、演技派共鳴!互いに認め合う二人が映画でW主演

「友罪」書影

「友罪」書影【拡大】

 同世代の生田と瑛太が、極限の友情を繊細に表現する。

 同作は昨年、「Aではない君と」で吉川英治文学新人賞を受賞した薬丸岳氏(47)の同名小説が原作。町工場で働く益田(生田)が、あることを機に、同僚で友人の鈴木(瑛太)を17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める社会派作品だ。

 友を思い、互いに疑心や後悔と向き合う難役に抜てきされたのは、若手きっての演技派の生田と瑛太。

 生田は、2月公開の主演映画「彼らが本気で編むときは、」でトランスジェンダー役を好演し、ベルリン国際映画祭でLGBT(性的少数者)をテーマにした優れた作品に与えられるテディ賞の審査員特別賞を受賞。瑛太も来年のNHK大河ドラマ「西郷どん」で主演の鈴木亮平(34)扮する西郷隆盛の盟友、大久保利通役に起用されるなど、人気俳優の1人だ。

 そんな2人が、瀬々監督のもと、重厚なテーマの作品で、演技バトルを展開する。

【続きを読む】

  • 映画「友罪」に主演する瑛太
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 瑛太×生田斗真、演技派共鳴!互いに認め合う二人が映画でW主演