2017.6.27 10:00(1/2ページ)

【関西レジェンド伝】キダ・タロー(4)嫁はんと“一目会ったその日から”

【関西レジェンド伝】

キダ・タロー(4)嫁はんと“一目会ったその日から”

特集:
関西レジェンド伝
ひと目ぼれした美千代さんとは1964年に結婚。おしどり夫婦として有名だ

ひと目ぼれした美千代さんとは1964年に結婚。おしどり夫婦として有名だ【拡大】

 嫁はん(木田美千代)の話しましょか。1960年代初めに「スリー・グレイセス」ていう、そこそこべっぴんさんがコーラスで歌って引っ張りだこになってから、全国的に3人娘がいっぱい出てきましてね。

 当時、懇意にしてた昭和プロのマネジャーも大阪で3人組の女の子に「レモンレモンズ」という名前をつけて育てよとしてた。「キダやん、レッスン頼むわ」て言われたんがキッカケです。

 それこそ“一目会ったその日から”みたいな感じですねぇ。しかし商品ですから。恋愛感情は持ち込めない。変なヤツと思とったらしいです。そら思いますやん。レッスンしてるときから、なんかムスッとしてる。こっちは困ってたのに。

 そしたら彼女が結核になりまして、リタイアしたんです。それで最初にお母さんに「結婚したいんです」と言うた。本人にはテレくさいから言えない。周囲から固めていきまんねん。弟たちは食べもんでつっておいて。

 私は自分の姿形が嫌いやし、しゃべり方も嫌い。せやから、テレビに出るときも、長いことアガッてました。ABCの「フレッシュ9時半!キダ・タローです」(73~89年)とかラジオはそのうち治りましてん。姿形が映らんから。

 最高顧問をやらせてもらってるABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」に関しては最近までけっこうアガッてました。

 顧問は発言が少ないんです。(番組)頭の40秒とケツの40秒。頭の部分はだいたいオンエアに出ない。でも、会場にお客さんが200人いてますから、頭の西田敏行さんとの会話は非常に重要やと思てます。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【関西レジェンド伝】キダ・タロー(4)嫁はんと“一目会ったその日から”