2017.6.20 20:31

「ひふみん」加藤九段、引退決定しコメントなしで帰途…77歳“伝説の棋士”、63年の現役生活に幕/将棋

「ひふみん」加藤九段、引退決定しコメントなしで帰途…77歳“伝説の棋士”、63年の現役生活に幕/将棋

高野智史四段に敗れ、感想戦、記者会見ともに拒絶し報道陣をかき分け帰途につく加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)

高野智史四段に敗れ、感想戦、記者会見ともに拒絶し報道陣をかき分け帰途につく加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)【拡大】

 将棋の現役最高齢記録を持ち、長くトップ棋士として活躍してきた加藤一二三・九段(77)が20日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦ランキング戦6組で高野智史四段(23)に敗れ、同日付で引退した。数々の名勝負を繰り広げた“伝説の棋士”が、63年間にわたる現役生活に幕を下ろした。

 加藤九段は2016年度の名人戦順位戦で、最も下のクラスのC級2組からフリークラスへ降級した。規定ではフリークラスに陥落すれば60歳で引退という年齢制限があり、残る棋戦全てに敗退した時点での現役引退が決まっていた。

 福岡県出身。1954年、当時の最年少記録となる14歳7カ月でプロ入りし、史上初めて中学生で棋士に。この記録は昨年10月、藤井聡太四段が14歳2カ月でプロになるまで破られなかった。

加藤一二三・九段の話「きょうは(対局後の)感想戦はしません。コメントも出しません。(引退になりますが)話はありません」

  • 高野智史四段に敗れ、エレベーター内で涙ぐむ加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)
  • 高野智史四段に敗れ、感想戦、記者会見ともに拒絶し報道陣をかき分け帰途につく加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)
  • 高野智史四段に敗れ、感想戦、記者会見ともに拒絶し報道陣をかき分け帰途につく加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)
  • 高野智史四段に敗れ、感想戦、記者会見ともに拒絶し報道陣をかき分け帰途につく加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)
  • 高野智史四段に敗れ、感想戦、記者会見ともに拒絶し報道陣をかき分け帰途につく加藤一二三九段=将棋会館(春名中撮影)
  • 竜王戦ランキング戦で敗れ、タクシーで会場を後にする加藤一二三・九段=将棋会館
  • 高野智史四段と対局する加藤一二三九段=東京都渋谷区の将棋会館(撮影・川口良介)
  • 高野智史四段(右)と対局する加藤一二三九段=東京都渋谷区の将棋会館(撮影・川口良介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「ひふみん」加藤九段、引退決定しコメントなしで帰途…77歳“伝説の棋士”、63年の現役生活に幕/将棋