2017.6.20 14:43

大竹まこと、元SMAPメンバーたちは「もうちょっと休んだ方がいい」

大竹まこと、元SMAPメンバーたちは「もうちょっと休んだ方がいい」

23日に発売するCDブック「人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー朗読CDブック」をPRした大竹まこと=東京・浜松町

23日に発売するCDブック「人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー朗読CDブック」をPRした大竹まこと=東京・浜松町【拡大】

 タレント、大竹まこと(68)が20日、東京・浜松町の文化放送で自身がパーソナリティーを務める番組発の新刊本のPR会見を開いた際、元SMAPのメンバーについて言及し「アイドルはみんな、もうちょっと休んだ方がいい」と提言した。

 SMAPの元メンバー5人のうち稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が9月8日でジャニーズ事務所を退社することについて感想を聞かれると、「俺は(アイドル)業界のことはよくわかんないけど、25年以上もアイドルやってるっておかしいでしょ」と疑問を呈した。

 続けて「20歳から始めても45歳。ドラマやってコンサートやって睡眠時間も少なくて、しかもゴシップから守られる時代でもない。あなたたち(報道陣)から追いかけられてアイドルを何年もやるのはしんどいと思う。みんな、もうちょっと休んだ方がいい」と芸能界の大先輩として気遣った。

 大竹は稲垣のデビュー映画「さらば愛しのやくざ」(1990年)で共演したことに触れ、「14、15歳で働くのは大変だなと思った。人が働くのは20歳過ぎからと思ってるから」とも話した。

 大竹は同局で持つレギュラー番組「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・0)が先月、放送丸10年を迎えたばかり。同局では稲垣がパーソナリティーを務める「編集長 稲垣吾郎」(水曜後9・30)が9月以降も継続されるかどうか注目されている。

 それについて聞かれると、大竹は「続くんじゃないですか。俺、社長じゃないんだけど。どうすんだよ。えっ!」と同席した同局社長に直撃質問。苦笑いする社長を横目に「俺は続いてほしいと思う」と力強くエールを送った。

 ちなみに、大竹は香取のテレビ番組にレギュラー出演したこともあり、中居正広とも雑談を交わす仲。木村拓哉については、木村の主演した映画「HERO」(2007年)を引き合いに「あの中でタモリさんのやった役は実は当初、『大竹に』といわれたんだよ。あれっ、これ、言っていいのかな」と冗談とも本気ともつかぬおとぼけ発言で、元SMAPメンバーたちへの親近感も明かした。

 なお、新刊本は23日発売の「人の数だけ物語がある。ザ・ゴールデンヒストリー朗読CDブック」(扶桑社、1512円)。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 大竹まこと、元SMAPメンバーたちは「もうちょっと休んだ方がいい」