2017.6.20 11:37

元シブがき隊の布川敏和、再結成の難しさ語る「応えるだけの気持ちが決まらないとやっちゃいけない」

元シブがき隊の布川敏和、再結成の難しさ語る「応えるだけの気持ちが決まらないとやっちゃいけない」

特集:
SMAP解散
布川敏和

布川敏和【拡大】

 元シブがき隊の布川敏和(51)が20日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)にVTR出演。ジャニーズ事務所退社後のグループ再結成の難しさなどを語った。

 布川は15歳でジャニーズ事務所に所属し、17歳だった1982年に薬丸裕英(51)、本木雅弘(51)と「シブがき隊」を結成。しかし88年に解散し、その後はジャニーズ事務所を離れ、独立して芸能活動を行ってきた。ジャニーズ事務所を離れる際、薬丸、本木と「解散コンサートの前日に、5年たったら3人で飲もうよ」と約束したエピソードを披露。しかしその約束は今でも果たせていないという。さらに「2人での共演はたくさんあるけれど、3人そろったことは一度もない」と明かした。

 布川がかつて所属したジャニーズ事務所では18日、「SMAP」の元メンバー、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が契約期間満了となる9月8日で退社すると発表。SMAP解散発表後もファンらの間では再結成を望む声が多くあるが、布川は再結成について、「(シブがき隊の場合も)3人そろったときのファンの熱を考えると、それに応えるだけの気持ちが決まらないとやっちゃいけない」と説明。「それはSMAPのメンバーも一緒じゃないかな」と否定的な考えを示した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 元シブがき隊の布川敏和、再結成の難しさ語る「応えるだけの気持ちが決まらないとやっちゃいけない」